つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報

2019年02月13日

 \別に関係なく自由に制服を選べる公立中学校が増え始めた。埼玉県新座市立第六中学校は1月、スラックスとスカートを自由に選択できる制度を導入。来年度からは東京都中野区なども同様の仕組みを取り入れる。福岡市は男女共通の制服デザインを検討中。学校現場で「性別と服装の不一致」に悩む子供への配慮が進みつつある。

受験生の母親の7割以上がストレスを感じている――。学習塾「明光義塾」を運営する明光ネットワークジャパンが受験のサポートについて母親に調査したところ、子供を支える苦労が浮かび上がってきた。受験のサポートで一番大変だと感じることは、「体調管理」が最も多く37・3%で、「モチベーション管理」(24・5%)、「メンタルサポート」(10・9%)が続いた。

文部科学省は4日までに、タブレット端末などで利用する「デジタル教科書」の活用指針を公表した。2019年度から小中高校で導入できるようになるが、目の疲れなど健康面に配慮し、使用は各教科の授業時間数の2分の1未満とした。

中学生の約2割が親に内緒で課金サービスを利用――。NTTドコモが5日公表した中学生のスマートフォンの利用実態調査で、親の知らない実態が次々と浮かび上がった。成人向けなど有害サイトの閲覧経験は約3割にのぼった。春先は子どもの進学に合わせ、親がスマホを買い与えることの増える時期。NTTドコモは調査結果を踏まえ、親に利用方法を注意喚起する。

大学入試センターは7日、2019年のセンター試験の最終集計結果を発表した。本試験の平均点は地理Bなど18科目が下がり、国語や英語のリスニングなど13科目が上がった。地理B(100点満点)は18年より5.96点低い62.03点、物理(同)は5.48点低い56.94点。国語(200点満点)は16.87点高い121.55点、英語のリスニング(50点満点)は8.75点高い31.42点だった。

文響社は子供向け学習ドリルとして異例の大ヒットとなった「うんこ漢字ドリル」シリーズの事業を書籍以外に広げる。公式サイト「うんこ学園」をこのほど開設。「うんこドリル」と同じ学習メソッドを取り入れ、漢字などの学習や、思考力を育む未就学児向けのコンテンツなどを提供していく。ドリルのネット販売や新サービスなどを展開する。

А。横娃横闇度から導入される大学入学共通テストに向け、日本財団が2018年12月、17〜19歳の男女800人に実施した意識調査で「センター試験を廃止して英語の民間資格を導入するのに賛成」としたのは46%と、約半数を占めた。

お役立ち情報

2019年02月06日

 ゞ軌蕕硲稗圓鯀箸濆腓錣擦拭孱釘筍圍紕磽茵淵┘疋謄奪)」市場の成長が続いている。野村総合研究所によると、2024年度には17年度比8割増の3062億円に拡大する見通しだ。スタートアップや中堅企業が利用者を増やすには、アプリや人工知能の質を高め、独自性あるサービス基盤を作ることが求められる。学校や塾とも連携し、生徒や教員のニーズを踏まえたサービスを開発することも重要だ。

◆〜換颪両中学校で始業前に朝食を提供する取り組みが広がっている。朝食を取らずに登校する子供が増えるなか、地元のボランティアや企業が食事や食材を用意する。遅刻が減るなど生活習慣の改善にもつながっているようだ。子供の朝食を取る習慣と学力との関係を示すデータもある。

パソコンを使わずにプログラミング教育に取り組む小学校が広がっている。2020年度の必修化を控え、カードを使ったり言葉を組み合わせたり、より親しみやすく学べるよう学校現場が工夫を凝らす。文部科学省も、パソコンの操作だけでなく、論理的に考える「プログラミング的思考」の育成を重視。低学年で楽しく考え方を学び、高学年での深い理解につなげる狙いだ。

文部科学省は29日、教員の働き方を進める推進本部の初会合を開き、2023年までの5年間の工程表に沿って施策を実行することを確認した。教員の残業時間の上限を原則「月45時間以内」とする同省の指針が実効性をもつように、教員と保護者、地域との役割分担を進めたり、業務の負担軽減策を検討したりする。

インフルエンザが猛威をふるっている。加えて、性質が変わり最新の治療薬が効きづらくなった変異ウイルスが見つかった。厚生労働省と感染症研は製薬会社の協力も得て、変異ウイルスの広がりや薬の効きにくさを正確に把握する必要がある。患者も安易に薬に頼りすぎずに、休息して治すことを心がけたい。

産業用ロボットのアイエイアイ(静岡市)が小学生向けのプログラミング教育事業を開始する。同社の小型サッカーロボット「ミニロボ」を使用するもので、30日に市内の小学校で初の公開授業を実施する。2019年4月からはすでに実施しているミニロボを使った出張授業に盛り込み、20年4月からの小学校でのプログラミング教育必修化に備える。

女子や浪人生への差別といった一連の入試不正問題の発端となった東京医大で2日、今春の新入生を選ぶ医学部医学科の一般入試が行われた。関係者によると、今年の志願者は昨年の2935人から大幅に減り、半数以下に落ち込んだという。