つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報

2019年01月23日

 2020年度に小学校で必修化されるプログラミング教育で、現在最も使われている学習ツール「スクラッチ」の最新版が公開された。作成したプログラムをスマートフォン(スマホ)で動かせるようになり、外部の機器などとの連携をしやすくした。小学校での必修化を控え、民間のプログラミング教育サービスも増えており、教育ビジネスの拡大にもつながりそうだ。

龍谷大学は現在の理工学部を改組し、2020年4月に先端理工学部を開設する構想を発表した。分野横断型の専門教育を実現するため、「学科」に代えて「課程」を国内の理工系学部で初めて導入する方針。例えば機械工学を専攻する学生が副専攻のような形で最新の情報技術分野も学べるようにし、社会の変化に対応できる理工系人材の育成を目指す。

通信教育各社が2020年度に始まる国の教育改革をにらみ、カリキュラムを刷新する。ベネッセホールディングスは外国人講師とのオンライン英会話を取り入れ、Z会は小学生のプログラミング教材を作る。個別指導塾やインターネットサービスの活用が増え、通信教育はじり貧だ。高度な教育を安く提供して巻き返す。

大学入試センター試験が19日午前、始まった。大手予備校の志望動向の調査によると、2019年も文系学部の人気が高い「文高理低」の傾向が続いている。企業の新卒採用が活発で、幅広く就職先を選べる印象がある文系が好まれているという。人工知能(AI)時代を見据えて情報系の学部学科への関心も高まっている。

現行の大学入試センター試験は2年後の2021年1月から「大学入学共通テスト」に切り替わる。新学習指導要領が重視する思考力や判断力、表現力を問う観点から国語と数学で新たに記述式を出題。英語では「読む・聞く・書く・話す」の4技能を測る民間検定試験の導入も始まる。

Α_蝋臀里2018年10月に実施した全国模試での、関西の大学別の志望動向は、難関私大といわれる関西大、関西学院大、同志社大、立命館大の「関関同立」グループの志望者数は前年比91%に減少した。京都産業大、近畿大、甲南大、龍谷大の「産近甲龍」が同103%と微増。摂南大、神戸学院大、追手門学院大、桃山学院大の「摂神追桃」が同126%で大幅に増えた。

А‖膤愼試センター試験は20日、理科と数学の試験が行われ、2日間の日程を終えた。交通機関の遅れで定刻に間に合わなかった受験生への対応などでミスがあり、2日間で8会場の計104人が再試験の対象となった。