つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報

2018年11月14日

 〜換颪了垓萃村で2019年4月から保育所に入るための申し込みが始まった。同年10月には安倍政権の看板政策である幼児教育の無償化が控えるが、保護者や自治体の間では喜びの声ばかりでなく、新たな需要が掘り起こされ、かえって待機児童が増えるのではないかとの懸念が広がる。若い世代の働き方を左右する保育行政。現場を惑わすちぐはぐさが目立つ。

英語など外国語学習に関するビジネス市場が堅調に伸びている。矢野経済研究所の2日の発表によると、2017年度の語学ビジネス市場(事業者売上高ベース)規模は8666億円と、前の年度に比べ2.0%増えた。分野別ではeラーニングが安価なサービスの増加などを背景に約2割伸びた。幼児・子ども向け教室も引き続き好調だ。

 京急グループの京急開発株式会社は,沿線価値を高めるサービスの提供を目的に,学童保育運営のノウハウを持つ株式会社明光ネットワークジャパンと連携し,京急線平和島駅の高架下に2019年4月1日(月)に開校する「京急キッズファン」を皮切りに,アフタースクール事業に参入する。

日本の子供の読解力が低下していることが、経済協力開発機構が2015年に実施した学習到達度調査の結果で明らかになった。子供の読解力を伸ばすために親は何ができるか。私立男子進学校として知られる麻布中学校・高等学校の国語科教諭、中島克治氏の助言を、日経BP社の共働き世帯向け情報サイト「日経DUAL」から紹介する。

公立小中学校の教員約2万4千人を対象にしたアンケートで「管理職になりたい」という人の割合が女性は7・0%と、男性の4分の1だったことが7日までに分かった。調査をした独立行政法人「国立女性教育会館」の飯島絵理研究員は「教頭になると長時間労働が際立ち、家事や育児との両立が難しいと二の足を踏んでいるのではないか」と分析する。

大阪府内の公立小中学校で2019年春にも、児童や生徒が校内にスマートフォンや携帯電話を持ち込めるようになる。全国で大半の学校が禁止とする中、相次ぐ地震や台風で子供と連絡を取るのに苦労した保護者らから解禁の要望が寄せられ、容認を決めた。府教育庁は「授業に支障が出ないようにしたい」と校内での利用ルール作りを急いでいる。

政府の規制改革推進会議は2019年度から中学校で遠隔教育できるよう提言する。インターネットを活用することで、離島や地方の学生でも、首都圏での授業を直接受けられるようにする。月内に答申をまとめ、安倍晋三首相に提出する。

─ヽ惱塾各社が小学生を預かって英語やプログラミングなどを教える新しい学童保育に力を入れ始めた。学童保育に入れない待機児童の受け皿を作るほか、小学校での英語必修化などの教育改革に対応する。主に共働きで子供の教育にお金を惜しまない世帯向けに教育内容を充実させて、「お受験」対策で塾に通い始める4年生になる前の子供を囲い込む狙いだ。