つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報

2018年11月14日

 〜換颪了垓萃村で2019年4月から保育所に入るための申し込みが始まった。同年10月には安倍政権の看板政策である幼児教育の無償化が控えるが、保護者や自治体の間では喜びの声ばかりでなく、新たな需要が掘り起こされ、かえって待機児童が増えるのではないかとの懸念が広がる。若い世代の働き方を左右する保育行政。現場を惑わすちぐはぐさが目立つ。

英語など外国語学習に関するビジネス市場が堅調に伸びている。矢野経済研究所の2日の発表によると、2017年度の語学ビジネス市場(事業者売上高ベース)規模は8666億円と、前の年度に比べ2.0%増えた。分野別ではeラーニングが安価なサービスの増加などを背景に約2割伸びた。幼児・子ども向け教室も引き続き好調だ。

 京急グループの京急開発株式会社は,沿線価値を高めるサービスの提供を目的に,学童保育運営のノウハウを持つ株式会社明光ネットワークジャパンと連携し,京急線平和島駅の高架下に2019年4月1日(月)に開校する「京急キッズファン」を皮切りに,アフタースクール事業に参入する。

日本の子供の読解力が低下していることが、経済協力開発機構が2015年に実施した学習到達度調査の結果で明らかになった。子供の読解力を伸ばすために親は何ができるか。私立男子進学校として知られる麻布中学校・高等学校の国語科教諭、中島克治氏の助言を、日経BP社の共働き世帯向け情報サイト「日経DUAL」から紹介する。

公立小中学校の教員約2万4千人を対象にしたアンケートで「管理職になりたい」という人の割合が女性は7・0%と、男性の4分の1だったことが7日までに分かった。調査をした独立行政法人「国立女性教育会館」の飯島絵理研究員は「教頭になると長時間労働が際立ち、家事や育児との両立が難しいと二の足を踏んでいるのではないか」と分析する。

大阪府内の公立小中学校で2019年春にも、児童や生徒が校内にスマートフォンや携帯電話を持ち込めるようになる。全国で大半の学校が禁止とする中、相次ぐ地震や台風で子供と連絡を取るのに苦労した保護者らから解禁の要望が寄せられ、容認を決めた。府教育庁は「授業に支障が出ないようにしたい」と校内での利用ルール作りを急いでいる。

政府の規制改革推進会議は2019年度から中学校で遠隔教育できるよう提言する。インターネットを活用することで、離島や地方の学生でも、首都圏での授業を直接受けられるようにする。月内に答申をまとめ、安倍晋三首相に提出する。

─ヽ惱塾各社が小学生を預かって英語やプログラミングなどを教える新しい学童保育に力を入れ始めた。学童保育に入れない待機児童の受け皿を作るほか、小学校での英語必修化などの教育改革に対応する。主に共働きで子供の教育にお金を惜しまない世帯向けに教育内容を充実させて、「お受験」対策で塾に通い始める4年生になる前の子供を囲い込む狙いだ。

お役立ち情報

2018年11月07日

平日に学校以外で勉強しない高校生の割合が25・4%にのぼることが、文部科学省の調査でわかった。2001年に生まれた子の生活環境などについて毎年追跡調査する「21世紀出生児縦断調査」で、16歳になった高校1年生らを対象に調べた。

地域の抱える課題をビジネスを通じて解決しようとするソーシャル・ビジネス・プログラムを教育に取り入れる高校が増えている。若者の視点を生かして特産品を使った商品を開発したり、イベントに飲食店を出してにぎわいつくりに一役買ったり。専門家は「地域の強みや悩みを学んで事業のアイデアを練る経験によって、主体性や責任感が育まれる」と指摘する。高校卒業後の若者の流出に悩む自治体は、故郷への愛着が深まることに期待し、積極的に支援している。

大阪大は31日までに、2020年度からの「大学入学共通テスト」で導入される英語の民間試験について、一定以上の成績提出を必須とする方針を発表した。各大学に民間試験の導入を求める国立大学協会のガイドラインに沿った対応となる。特別な事情で民間試験を受験できない場合の対応は18年度中に決定するという。

ドラえもんに頼らない――。小学館集英社プロダクションは幼児・小学生向けの通信教育サービスを2019年4月に刷新する。キャラクターによって親しみやすさを前面に押し出してきたが、会員数は近年横ばいが続いていた。思考力や判断力、表現力養成をより重視する内容にして、20年度の教育改革にも対応できるようにする。

英会話大手のECCは11月、高校向けに英会話と英作文に特化した学習支援システムを発売する。パソコンやタブレット端末を通じて高校生に英語の「話す・書く」の学習プログラムを提供する。2020年度からの大学入試改革で英語の「話す・書く」能力が重視されるため、学校からのニーズに対応する。