つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報

2018年10月17日

 仝鎚婿愼浬里魃娠弔垢襯螢宗雫軌蕕錬稿、2019年2月期の連結純利益が前期比16%増の16億円になる見通しと発表した。従来予想(9%増の15億円)を1億円上回る。小中高生を対象とする塾の好調に加え、未就学児向け事業で生徒数を増やす。

◆\こΧ箙圓錬隠影、教育環境や健康状態など世界各国・地域の子供の成育環境を測る新指標を発表した。シンガポールが1位、日本が3位に入るなどアジアや欧州の国が上位を占める一方、下位にはアフリカの国が多く並んだ。新指標は各国の子供が18歳までにどの程度の「人的資本」を獲得できるかをはかる。優良な健康状態の子供が多く、きちんとした教育を提供する国ほど評価が高くなる。評価が高い国の子供は生涯に得られる潜在的な所得も高いという。

 東京都千代田区立麹町中学校で、9月「未来の教室」を目指す取り組みが始まった。生徒たちは手元のタブレット端末画面に問題が表れるとタッチペンで解答、解説を見て理解を深める。教師は生徒のサポートに徹し、黒板も教科書も使わない。この教材は教育関連スタートアップのコンパスが開発した。人工知能が生徒の理解度に合わせて練習問題を出し、家庭学習でも使う。

東京医科大で発覚した不正入試問題が、他大学にも波及した。柴山昌彦文部科学相は12日、他の複数の大学で不正な操作があった疑いがあると言及し、大学に自主的に公表するよう異例の呼びかけを行った。受験シーズンが迫るなか、受験生の混乱を避けるため早期の対応を促した形だが、入試の実態解明の難しさを指摘する声もあがっている。

文化部活動が盛んな中学校・高校を対象とした文化庁の抽出調査で、吹奏楽部の約5割が土曜日に5時間以上活動するなど、一部で練習が長時間に及んでいることが分かった。コンクール出場に向けた準備などが理由とみられる。文化庁は、生徒や教員の負担軽減のため策定中の文化部活動に関する指針に、休養日や活動時間に関する目安を盛り込む方針だ。