つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報

2018年06月12日

2020年度からの大学入試改革で英語の民間試験を活用するなど、英語教育が大きく変わろうとしている。立教大学の鳥飼玖美子名誉教授は民間試験の活用や30年来の英語教育改革が妥当なのか、検証が必要だと指摘する。

◆_そでは大学の学費を無償化もしくは低額にしている国が多いが、欧州の純粋な進学率は決して高いとはいえない。理由は簡単だ。無償の公共施設だからこそ、「行くべき人を絞る」と考えられているのだ。大学には、厳しく審査されて資格を与えられた人しか入学ができない。フランスでいえばバカロレア、ドイツでいえばアビトゥーアなどの高校修了認定がそれだ。が、さらにその前にいくつもの関門があり、大学に行ける人の数が絞られる。

 5月にピークを迎えた運動会。今年は午前中のみで終える小学校が急増した。共働きの親が多くなったことや授業時間の増加を見据えて教員の負担を減らす必要があることが背景になっている。種目数を絞り、入退場の行進をやめるなど全国の小学校で運動会の「時短化」が進む。

ぁ\洩科大学(東京・品川)は人工知能(AI)などを活用した学生向けの学習支援システムを導入する。IT(情報技術)のシステム開発を手がける木村情報技術(佐賀市)と組み、学生の試験対策に役立てられるようにした。大学の教員や職員らの負担軽減にもつなげる。

大学入試センターは6日、2019年のセンター試験を1月19、20日に実施すると発表した。出願期間は18年10月1〜12日。受験案内は試験を利用する大学などで9月3日から配布する。試験の時間割は1日目が「地理歴史、公民」「国語」「外国語」で、2日目が「理科(1)」「数学(1)」「数学(2)」「理科(2)」の順で、検定料は3教科以上を受験する場合は1万8千円、2教科以下は1万2千円。

Α〜甍霤賃膤悗錬憩、現在の高校1年生が受験する2021年度の政治経済学部、国際教養学部、スポーツ科学部の一般入試改革を発表した。3学部とも、大学入試センター試験後継の大学入学共通テスト(20年度から導入)と学部独自試験の2段階で選抜する。私大最難関校が一部学部とはいえ全員に共通テストを課すことは、他大学に大きな影響を与えそうだ。