つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報

2018年06月27日

 々駑情報学研究所の船守美穂准教授は、大学進学率が上昇し卒業生が多様化する中で、大学は社会で活躍するのに必要な教育を提供しなければならないと指摘する。米国と同様、日本も大学進学率が上昇しているが、それは大学卒業生が社会で活躍する場が多様化しているということであり、大学教育と社会の接続において軋みが生じているということである。

大学入試センターは18日、現在の大学入試センター試験に代わって2020年度に導入する大学入学共通テストについて、問題作成の方向性を公表した。知識の習得だけでなく、大学での学びの基礎となる思考力や表現力などを試す内容にする。国語と数学は記述式を新たに導入し、英語は民間試験も活用して「読む・聞く・書く・話す」の4技能を試す。

 広島県は大崎上島町に2019年春に開校する全寮制の中高一貫校「広島叡智(えいち)学園」について、中学生から海外の大学進学に備えた教育プログラムを展開する。高校卒業時に海外大学に進学する審査に使われる国際バカロレア(IB)の中学生向けの教育プログラム「ミドル・イヤーズ・プログラム」(MYP)を実施する。

ぁ.好廛螢奪スは首都圏を中心に個別指導塾「森塾」を運営する。2018年9月期の単独業績は売上高が前期比22%増の103億円、税引き利益は83%増の15億円を見込んでいる。平石明社長は「学習塾業界は大手による寡占が進んでおらず、業容の拡大余地は大きい」と話す。上場によって調達する資金は東京都などでの森塾の新規開設などに充当する。配当性向は30%程度をめどとし、成長と株主配分の両方に目配りをする。

「子の学費に、奨学金ではなく教育ローンを利用したい」と家計相談に訪れたGさんには、ローンが複数ある。子どもの教育にお金をかけ過ぎると老後資金が準備できず、将来、子どもたちに迷惑をかけることを肝に銘じてください。毎月の負担が軽くなるからとローンをいくつも利用するのもやめましょう。後々まで返済が残り、結果として高い買い物になりがちです。

お役立ち情報

2018年06月20日

 々駑大学協会は12日、東京都内で総会を開き、2020年度に始まる大学入学共通テストで導入される英語の民間試験の配点について、英語全体の「2割以上」とする参考例を決めた。拘束力はないものの、各大学の判断に影響するとみられる。

成人年齢を20歳から18歳に引き下げる改正民法が13日成立した。2022年4月の施行後は携帯電話を親の同意なく契約できるなど、18、19歳の若者の社会生活の幅が広がる。経験の乏しさにつけこもうとする悪質業者の標的になる恐れもある。高校などの教育現場は契約トラブルなどに巻き込まれないよう、消費者教育に力を入れ始めた。

 多くの人は高校3年で成人を迎え、教室には「大人」と「子供」が混在することになる。ローンやクレジットカードを成人のクラスメートが契約して、未成年が使うという名義貸しが発生することも否定できない。学校と保護者が協力して進めている生徒指導においても、生徒が成人したことを理由に関与しなくなる保護者が現れることを懸念する声が出ている。

ぁ\府は13日、人生100年時代構想会議を開き、安倍政権の看板政策である「人づくり革命」の内容を決めた。幼児教育・保育の無償化は2019年10月から始め、20年4月から低所得者を対象に大学の無償化を実施する。高齢者雇用の促進などにも取り組むが、抜本的な改革案までは描けていない。昨年の衆院選で公約した無償化を先行させる。

秀英予備校が小学生の英語教育に力を入れている。人工知能(AI)を導入して英語の発音を指導し、独自の教材を開発して、リスニングやスピーキングの能力も高めるカリキュラムづくりを進めている。学習指導要領改訂で、2020年度から小学5、6年で英語が教科化されるのを先取りして、新規生徒の獲得につなげる。

Α…秉蠧誓ぢ咾旅眦教育無償化の制度設計を議論する文部科学省の専門家会議は14日、授業料の減免額や対象者の範囲などに関する報告をまとめた。住民税非課税世帯の子供が私立大に進学した場合、70万円までを目安に授業料を支援。施設設備費といった、授業料以外に学校でかかる費用を給付型奨学金の対象とすることも盛り込んだ。

政府が毎年実施している、公立中学と高校の英語教育に関する調査結果が4月6日公表された。それによると、中学3年生で英検3級相当以上の英語力を持つ生徒は40.7%、高校3年生で英検準2級相当以上の英語力を持つ生徒は39.3%だった。どちらの数字も前年度より数%上昇していが、政府が中学、高校ともに目標として掲げている50%にはまだ程遠いのが現状だ。

お役立ち情報

2018年06月12日

2020年度からの大学入試改革で英語の民間試験を活用するなど、英語教育が大きく変わろうとしている。立教大学の鳥飼玖美子名誉教授は民間試験の活用や30年来の英語教育改革が妥当なのか、検証が必要だと指摘する。

◆_そでは大学の学費を無償化もしくは低額にしている国が多いが、欧州の純粋な進学率は決して高いとはいえない。理由は簡単だ。無償の公共施設だからこそ、「行くべき人を絞る」と考えられているのだ。大学には、厳しく審査されて資格を与えられた人しか入学ができない。フランスでいえばバカロレア、ドイツでいえばアビトゥーアなどの高校修了認定がそれだ。が、さらにその前にいくつもの関門があり、大学に行ける人の数が絞られる。

 5月にピークを迎えた運動会。今年は午前中のみで終える小学校が急増した。共働きの親が多くなったことや授業時間の増加を見据えて教員の負担を減らす必要があることが背景になっている。種目数を絞り、入退場の行進をやめるなど全国の小学校で運動会の「時短化」が進む。

ぁ\洩科大学(東京・品川)は人工知能(AI)などを活用した学生向けの学習支援システムを導入する。IT(情報技術)のシステム開発を手がける木村情報技術(佐賀市)と組み、学生の試験対策に役立てられるようにした。大学の教員や職員らの負担軽減にもつなげる。

大学入試センターは6日、2019年のセンター試験を1月19、20日に実施すると発表した。出願期間は18年10月1〜12日。受験案内は試験を利用する大学などで9月3日から配布する。試験の時間割は1日目が「地理歴史、公民」「国語」「外国語」で、2日目が「理科(1)」「数学(1)」「数学(2)」「理科(2)」の順で、検定料は3教科以上を受験する場合は1万8千円、2教科以下は1万2千円。

Α〜甍霤賃膤悗錬憩、現在の高校1年生が受験する2021年度の政治経済学部、国際教養学部、スポーツ科学部の一般入試改革を発表した。3学部とも、大学入試センター試験後継の大学入学共通テスト(20年度から導入)と学部独自試験の2段階で選抜する。私大最難関校が一部学部とはいえ全員に共通テストを課すことは、他大学に大きな影響を与えそうだ。

お役立ち情報

2018年06月06日

 ー造蓮難関中学の入試に合格したものの、入学後につまずいてしまうケースは山ほどある。合格後に、その先が続かない生徒と、大学受験できちんと結果を出せる生徒には、どんな違いがあるのか。最難関校には、天才が少なからずいるに違いない。そうした生徒に照準を合わせて授業は進む。天才でない子は工夫と辛抱で追いかけるしかない。わが国の発展を支えてきた要因の一つが、こうしたエリート校での厳しい競争なのだと思う。

2020年度に全面実施される小学校の新学習指導要領。公文教育研究会(大阪市)が17年11月、小学1〜3年の保護者計1200人に行った調査では、44・9%が改訂を知らなかった。改訂は認識する一方、内容を把握していないのは43・9%。内容まで理解する保護者は11・2%にとどまった。調査対象の保護者は母親が1000人、父親が200人。
 
 「子ども会」に参加する子供の減少が止まらない。少子化の中、子供たちは週末の時間を習い事に費やし、親も子ども会の世話役を敬遠する。参加する子供の数はピーク時から6割以上減った。各地域では子ども会を存続、復活させようと、理解の浸透やPR活動、支える人材の育成などに力を入れ始めた。

ぁ.愁法爾31日、7月にプログラミングを楽しく学べるイベント「ソニースティームスタジオ2018」を開くと発表した。ソニーはプログラミングを学べる電子タグ「MESH」や学習キット「KOOV」など自社商材を使い、注目を集めるプログラミング教育での存在感を高める。

大学入試センターは1日、2020年度開始の「大学入学共通テスト」に向けた英語の試行調査で、正答率が5割を上回る設問数はリーディングで7割、リスニングで4割だったと発表した。複数の情報を比較して判断するなど思考力を問うリスニングの正答率が低く、8割以上の生徒が「難しい」と感じていた。