つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報

2018年04月04日

 ー禺圓遼槊イ譴深刻である。全国大学生協連が2月に公表した調査では、就学前から中学生までに絵本を読んだり本の読み聞かせをしてもらったりという読書活動が多かった生徒ほど、1カ月の読書冊数や1日の読書時間数が多いことも分かっている。子供の頃の“読み聞かせ体験”と、その後の読書行動は密接な関係にある。

◆.僖淵愁縫奪を形づくった一つのキーワードに「共同生活」がある。創業者の名前を冠した「松下幸之助商学院」は「街の電器屋」のパナソニックショップの後継者を育てる滋賀県草津市の研修施設だ。生徒は入学から約10カ月の寮生活を送る。1970年の開設から5千人ほど修業。幸之助氏が政治家を育てるために80年に開塾した「松下政経塾」も全寮制で、寝食をともにしながら4年間の研修を受ける。

 インターネット広告のオプトホールディングはIT技術のeラーニングサービスを拡充する。企業の要望に応じ、ネット広告や電子商取引などをテーマにしたテストをつくる。ベネッセコーポレーションも企業向けのIT講座を始めた。業務のデジタル化が進むなか、社員のITスキルを高めたい企業の需要を獲得する。

全国の中学校や高校で2019年度から使われる教科書の検定結果が27日、公表された。教科書会社が申請した68点全てが合格。中学で正式な教科となる「道徳」の教科書が初登場し、作成した8社全社が「いじめ」を取り上げた。インターネットとの関わり方や災害への備えなどを題材に、考え議論する道徳をめざす。

ァ(孤科学省は27日、地域の複数の国公私立大学が新たに一般社団法人を作り、グループで運営できるようにする制度案を公表した。少子化で地方を中心に経営環境が厳しくなる中、大学ごとの強みを生かして連携を深め、事務業務や教育を共有化する基盤とする。文科省は新法人を設立すれば、大学間の単位互換や必要な教員数の規制緩和も検討する。

Α.螢宗雫軌蕕28日、2019年2月期の連結純利益が前期推定比7%増の15億円になる見通しだと発表した。小中高生向けの個別指導塾、小学校や幼稚園受験塾などの生徒数が伸びる。4月9日に18年2月期の連結決算を発表する予定。

楽天は子ども向けの英語学習事業のノウハウを外部の学習塾に提供する。同社は2017年から英語学習事業を本格的に始めており、学習アプリなどのITツールの活用をはじめとする知見を共有する。自前ですべてのカリキュラムを構成するのが難しい中堅・中小の塾を対象に学習法を広め、自社のサービス向上にもつなげたい考えだ。