つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報

2018年02月21日

小学5・6年生が高校受験に向けて進学塾で学ぶ動きが広がってきた。2020年度から順次実施される新学習指導要領や大学入学共通テストが重視するのは「読む・聞く・書く・話す」の英語4技能や記述での解答力。高校受験も知識の詰め込みだけでは対応できなくなるという不安が、受験勉強を早期化させている。

スポーツ庁は13日、小学5年と中学2年の全員を対象に実施した2017年度全国体力テストの結果を公表した。小5女子は4年連続、中2女子は3年連続で、いずれも実技8種目の合計点の平均値が08年度の調査開始以降で最高を更新。体育の授業を除いた1週間の運動時間を「60分未満」と答えた割合も減少した。小5と中2の男子の平均値はおおむね横ばいだった。

 文科省は2017年3月に告示した次期学習指導要領でも脱ゆとり路線を継承。外国語活動の開始が小5から小3に前倒しされ、小5と小6で英語が正式教科になる。これに伴い小3〜6の授業時間は週1コマ増える。小学校は20年度、中学校は21年度から全面実施。18年度以降は移行期間となる。

ぁ々盥算愼獲徇硫訂案 知識の理解の質を高める主体的・対話的で深い学びの実現に向け授業改善に配慮。学校ごとに教育内容を教科横断的な視点で組み立てるなど計画的に教育の質向上を図るカリキュラム・マネジメントに努める。中学までの学習成果や卒業後の進路との円滑な接続が図られるよう工夫。部活動は地域などと連携し、持続可能な運営体制を保つ。

ァ.ぅ鵐侫襯┘鵐兇覆匹埜立高校の入試を受けられなかった受験生を対象にした追試を導入する動きが広がっている。2018年に実施する都府県と政令市は計29自治体。19年以降の導入予定を含めると、65%の自治体が追試日程を設定する。各自治体は追試の方法や日程を工夫しながら、公平な受験機会の提供を目指す。

Α‖膤愼試センター試験に代わって2020年度に始まる大学入学共通テストで導入される民間の英語検定・試験を巡り、国立大学協会が配点を最大でも英語全体の1割弱とする方向で検討していることが16日、大学関係者への取材で分かった。

お役立ち情報

2018年02月14日

学研ホールディングスは2018年秋までに、ミャンマーで手掛ける小学生向け学習塾を、現在の約2倍の30教室に増やす。従来は最大都市ヤンゴンを中心に教室網を広げてきたが、第2の都市マンダレーなど地方都市に展開する。ミャンマーでは教育熱が高まりつつある。他社が本格的に進出する前に、市場を取り込む狙い。

15分程度の短時間学習を取り入れる小学校が増えている。漢字ドリルなどに集中して取り組むことができ、知識を定着させる効果があるという。2020年度に導入される新学習指導要領では、3〜6年生の授業が週1コマ分増える。45分授業を分割して時間割に加えれば負担を感じにくいとして、授業時間を確保する方策としても短時間学習が注目されている。

 シンガポールの教育関連企業が海外展開を加速している。幼稚園のマインドチャンプス・プリスクールは東南アジアや中国に進出。地場飲料大手フレイザー・アンド・ニーブ傘下の出版社は教科書を45カ国に輸出する。英語・中国語の二言語併用や、国際学力テストを制覇する算数の学習法が強みだ。盛り上がる新興国の進学ブームを背景に市場の取り込みを急ぐ。

ぁ。隠減仗邑の減少などで経営環境が厳しくなる中、大学が寄付金集めに力を入れている。トップが自ら募金に走り、寄付者が使い道を細かく指定できる仕組みを採り入れるなど、新たな手法を次々に繰り出す。継続的に拠出してくれる卒業生以外の「ファン」づくりにも余念がない。寄付金の争奪戦は熱を帯びている。

都道府県と政令市の教育委員会などが2016年度に実施した小中高校、特別支援学校など公立学校の教員採用試験で、採用者数が前年度から511人減の3万1961人となり、17年ぶりに減少したことが文部科学省の調査で8日までに分かった。競争率の全国平均は前年度と同じ5・2倍だった。

Α.ぅ鵐侫襯┘鵐兇完治したと医師がお墨付きを与える「治癒証明書」をめぐり、対応が割れている。復帰にあたって提出を求める学校や企業は少なくないが、そもそも証明書に法律上の定義はない。感染の広がりを防ぐために必要とする自治体がある一方で、「意味はない」と発行を断る医療機関もある。

А…夢予想を大きく超えても上方修正は見送り――。ベネッセホールディングスが9日発表した2017年4〜12月期連結決算は、営業利益が前年同期比33%増の171億円だった。通信教育の「進研ゼミ」がけん引し、18年3月期通期の見通しに対する進捗率は154%に達した。だが、今後のコスト増を見越して予想は据え置いた。

グローバル時代だから英語が使えなければ。しかし日本人は読み書きできても話せない。文法訳読ばかりやっている学校が悪い。だから英語教育は会話中心に変えなければならない。長年、英語教育に携わってきた鳥飼玖美子氏は、根強いこうした考えが間違いだと指摘する。何よりも大切なのは、英語が母語の人に限らず、「共通語としての英語」を使う異文化の人とコミュニケーションする能力だと強調する。


お役立ち情報

2018年02月07日

朝は時間との戦いだが、子供の寝起きが悪いと親はイライラしがち。起きてほしい時間から逆算し、寝る時間を決めるとよい。翌朝の目覚めは就寝時に決まる。寝つきをよくするため、まずは熱い風呂に入らない。次に重い食事をしない。そして「ナイトミルク(温めた牛乳に砂糖を少し入れる)」を飲むのもよい。
塾通いや親の残業で寝不足になった翌朝なら、朝風呂が効果的だ。

◆,茲学生に聞かれることの一つに、どうやってプログラムできるようになったのかというお尋ねがある。最初に手にしたのはポケットコンピューター。当時はパソコン雑誌に掲載されていた、ゲームのプログラムをポケコンに入力する。特に大事なのは失敗だ。たとえそのゲームがつまらなくても、もう動いただけで感激である。そんなことを繰り返すうち、プログラムが少しずつ分かってくる。動機こそ大事となろう。

 群馬県太田市が設立した学校法人が運営し、英語を重視した小中高一貫教育をするぐんま国際アカデミー(GKA)は、進学教室のスクールTOMASと提携する。2018年度、医学部への進学を希望する生徒向けの補習コースを設ける。GKAは授業の大半を英語で実施するのが特徴だが、中学卒業時に大学受験に有利とみられる一般の高校に移る生徒が多いのが悩みだった。進学塾との提携で外部への生徒流出を防ぐ。

ぁ/凜月での実力アップを目指す「短期集中型」の英会話サービスが広がっている。教育系ベンチャーの恵学社(京都市)はビジネス英語が3カ月で身につく講座を開講する。レアジョブも短期で成果を上げる通学型に力を入れる。だらだらと学んでも「効率が悪い」「伸びない」という不満の高まりを受け、「RIZAP式」ともいえるサービスが英会話でも普及してきた。

沖縄県では子供の貧困率が全国平均を上回り、塾に通えないなど学習機会に恵まれない子供が少なくない。大学や地域で支援の取り組みが広がる一方、講師不足などの問題もある。4日に投開票を迎える名護市長選で候補者が訴えている「子供の福祉充実」は、地域が直面する厳しい現実の裏返しでもある。