つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報

2017年12月13日

放課後の小学生を預かる民間の学童保育大手が英語を教えるサービスを拡大する。グローバルグループはネーティブ講師による英語レッスンを本格導入。東急グループのキッズベースキャンプは海外での交流プログラムを始める。小学生の子をもつ保護者の間で英語学習熱が高まっているためだ。

◆ ”賊‘發箚覿汎發琶欅藥楡澆魃娠弔垢襯ッズコーポレーションはフランチャイズチェーン方式でベトナムに進出する。現地企業に運営ノウハウを供与し、1カ所目の施設を2018年夏までに首都ハノイに設ける。経済成長著しいベトナムで「日本式教育」を売り物にして、富裕層の需要を開拓し、1〜2年内に複数の施設展開を目指す。

 文部科学省は4日、大学入試センター試験に代わって2020年度に始まる「大学入学共通テスト」の試行調査(プレテスト)の問題と結果を公表した。複数の文章や図、グラフを読ませる問題が多く、4教科11科目で問題のページ数はセンター試験より2割増えた。共通テストは考える力に加え、情報を素早く処理する力も問われる試験になりそうだ。

自民党の憲法改正推進本部で改正原案づくりに向けて議論が本格化している。現行憲法は、教育について2つの条文を掲げている。一つは第26条で義務教育を無償とすると明記している。もう一つは、公の支配に属しない教育などへの公的支出を禁じる、と定めた第89条である。このうち自民党は26条の教育費無償条項を大学など高等教育にまで拡大して明記することを選挙公約に掲げている。

ァ\朕校圓寮虫温泉。かつて「東北の熱海」とも呼ばれた老舗温泉地が消滅危機に直面している。県庁所在地にあるとはいえ、市中心部からは車で30分。2017年(5月1日時点)の地区人口は1292人で高齢化率は51%と5割を超えた。07年と比べ、人口は24%減少し、高齢化率は39%から12ポイントも高まった。少子高齢化の波は学校の存廃に直結する。自治体を、地域をいかにして維持し存続させるか。各地の取り組みは始まったばかりだ。

Αーヾ学習指導要領への移行期間として2018年度から小学3〜4年に「外国語活動」が導入されるのを前に、文部科学省は8日、英語学習の新教材「Let’s Try!」を公表した。子供にとって身近な食べ物や筆記用具などを題材に、聞いたり話したりする内容が中心となっている。希望する全ての小学校に17年度内に冊子を無償で配布する。