つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報

2017年11月01日

ソニーは人工知能(AI)を使って学校教育の効率化を支援する。生徒に配るタブレットから学習情報を抽出し、AIが解析して重点的に説明する点を教師に助言する。埼玉県内の小中学校で実証し、2020年をメドに全国で展開する。製造業やサービス業でAIを使ったサービスの実用化が進む中、教育現場にも活用の場が広がる。

◆―┗冤夙校は25日、eラーニング用システム開発のデジタル・ナレッジ(東京・台東)と提携し、人工知能(AI)を持った英語教材を作成すると発表した。学習指導要領の改訂で2020年度から小学校の英語教育で時間や内容が拡充されるのに合わせ、小学生向け英語学習サービスを強化する。まずは現4、5年生を対象に12月から新教材を用いた授業を試験的に始める。

 長野県教育委員会は26日、子どもと保護者を対象に実施した「インターネットについてのアンケート」の調査結果を公表した。県内の小学校高学年のうち、スマートフォン(スマホ)を使用している割合は45.7%と2年前の15年度調査から17.3ポイント増えた。小学生の14%はインターネットの利用で家庭学習の時間が短くなったと回答している。

ぁ〆生まれる子供たちの半数は100年以上生きるという。20代で教育を終え、65歳ごろまで働き、後は老後という、従来の単線型モデルでは幸せな人生を送ることはおぼつかなくなる。個々人が生涯を通じて自らの能力を磨き、生涯現役として社会と関わりを持ち続けることができるよう、社会システムを複線型に変える必要がある。とりわけ、高齢者向け給付が中心の社会保障の見直し、生涯教育の充実が課題になる。

全国の小中高校と特別支援学校で2016年度に把握したいじめが過去最多の32万3808件で、前年度より9万8676件(44%)増えたことが26日、文部科学省の問題行動調査でわかった。特に小学校で増えた。積極的に認知する姿勢が学校現場に浸透したほか、同省がささいなけんかにも注目して早期発見に努めるよう促したことも増加の要因となった。

Α ̄竸雄狢膽蠅離悒ぅ困27日、グローバルの人材需給調査を発表した。企業などで必要とされるスキルを持った人材と、労働市場で実際に供給される人材の需給を示す「人材ミスマッチ」で日本は33カ国中、下から3番目だった。ビッグデータ分析や人工知能(AI)開発など高度な人材が不足しており、人材獲得や生産性向上に向けて、企業や政府の取り組みが必要になりそうだ。