つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報

2017年06月21日

小学校で学ぶ英語は中学校で役に立たない――。ベネッセホールディングス傘下のベネッセ教育総合研究所が13日発表した中学1年生対象の意識調査で、約半数がこう答えた。小学校の外国語学習が会話を通じて英語に慣れ親しむことを重視する一方、中学英語は依然として単語や文法の暗記が中心。小中間で英語学習の接続に課題があることが明らかになった。

◆Edtech(教育技術)に基づき、各種英語関連システムの開発・運用を手がける株式会社EduLabと、株式会社NTTドコモは、「読む」「聞く」「話す」「書く」の英語4技能を学べるサービス「English 4skillsTM」の開発・提供に向けた業務・資本提携について、本日合意した。スマートフォンやタブレットを利用して、英語4技能の学習だけでなく、技能ごとの実力を測ることができるサービスで、2018年春から提供予定。

 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)脳情報通信融合研究センター 常 明らの研究グループと大阪大学 大学院情報科学研究科は北海道大学と共同で、無意識に英単語のリスニング能力を向上できるニューロフィードバック技術の開発に成功した。日本人の苦手な発音の聞き分けに効果的な英語教育手法の開発にもつながる可能性がある。

ぁ…命教育のZ会はIT(情報技術)で、能動的な学習を促す「アクティブラーニング」の販売事業に進出する。7月に通信教育で「総合」の講座を新設。3〜4人の参加者とZ会の担当者で社会問題などをタブレット端末で議論し、論理的思考の習得につなげる。専門家の映像講義も用意する。面接を行う高校・大学受験や就職活動の変化に対応する。価格は月額7800円にする見通し。

ァ.螢ルートマーケティングパートナーズの昨年10月の調査によると、入試と高校・大学教育を一体的に改革する「高大接続改革」を巡り、32・4%の高校が何らかの対策を講じた。大学の講義を生徒に体験させたり、能動的な学習を促す「アクティブラーニング」を導入したりしていた。