つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報

2017年05月17日

「天才はいない」――。女優の芦田愛菜さんが凜とした顔つきで映った広告が新聞や電車広告をにぎわしている。学習塾大手の早稲田アカデミーが4月下旬に発表した広告だ。「難関中学受験業界ナンバーワン」に向けた戦略の一環といえそうだ。合格実績など塾自体の情報をできる限り抑えて、イメージで受け手に訴えるタイプの広告は塾業界では珍しい。

◆.戰優奪札曄璽襯妊ングスの主力事業である通信教育講座の会員減少に歯止めがかかった。会員数は4月時点で5年ぶりに前年を上回った。昨年10月に就任した投資ファンド出身の安達保社長が大幅に刷新したサービス内容が新規会員の獲得や退会者の減少につながった。相次ぐトップ交代で複雑になっていたサービス内容を顧客目線で選びやすくすることで、さらなる会員獲得を目指している。

  子どもたちが楽しい学校生活を送れるよう、先生との付き合い方は大切だ。「『はずれ先生』にあたったとき読む本」(青春出版社)の著者の立石美津子さんが語るコツを、日経BP社の共働き世帯向け情報サイト「日経DUAL」から紹介する。「感謝伝え関係構築、要望は具体的に」

ぁ.戰優奪札曄璽襯妊ングスは9日、英会話教室「ベルリッツ」などの語学事業で構造改革を実施すると発表した。オンライン英会話サービスを刷新する一方で、業績不振の拠点を閉鎖するなどリストラを進める。主力事業の通信教育講座で会員減少に歯止めがかかったことを受けた。

ァ―子栄養大学の香川靖雄副学長は、生体のリズムを生む時計遺伝子の研究をもとに時間栄養学を早くから唱えてきた。「健康に一番よい食べ方は何か」と聞かれると、必ず「毎日朝食をとること」と答えている。次に、3食の比率は、時間栄養学的にはカロリー比で朝昼晩を3・3・4にするのが適切なようだ。

Αゝ業家の卵を育てようと、企業や自治体が小中学生を対象に開く「起業塾」が人気だ。お金の管理だけではなく、いかに売って稼ぐかという実践にも踏み込んだ内容で、子供たちは知恵を絞って経営を学ぶ。海外のベンチャー企業を訪問するツアーも登場した。小中学校段階の起業家教育は欧米が先行しているとされる。日本ではまだ緒に就いた段階で、学校現場にはノウハウが乏しい。地元企業など外部との連携が、授業の成否のカギになりそうだ。