つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報

2017年03月29日

教員志望の学生が大学の教職課程で共通して習得する英語の基礎的な学習内容が21日までにまとまった。小学校の教職課程では卒業までに英検2級程度の英語力を身につける目標を設定した。現在、小学校向けでは英語の指導法を学ばせる大学は少ない。2020年度から英語が正式な教科になるため、文部科学省は17年度から順次導入するよう各大学に促す。

◆ヽ惴Ε曄璽襯妊ングスは22日、学習塾大手の市進ホールディングスを持ち分法適用会社にすると発表した。5月上旬をメドに市進創業者の資産管理会社などから5億4300万円で株式を買い取り、現在19.07%(議決権ベース)の出資比率を31.47%に引き上げる。市進のノウハウを活用し、教育事業を強化するのが狙い。

 千葉県立幕張総合高は24日までに、普通科の入試で、学力テストに加えて運動などの実技か自己アピールで実施する「自己表現」と呼ばれる検査について、実技を選んだ受験生の評価を優遇していたと明らかにした。受験生に評価に偏りがあることを説明しておらず、県教育委員会は公平性や透明性に問題があるとして経緯を調べ、指導する方針。

ぁ(孤科学省は24日、2018年度から使う教科書の検定結果を公表した。正式教科化で初めて申請された「道徳」の小学校教科書は、8社の24点全てがいじめを取り上げ、検定意見を受けた修正を経て合格した。高校の地理歴史や公民では15年成立の安全保障関連法が登場。戦後補償に関する記述などを含め、政府見解を明記するよう求める意見が目立った。

表情や姿勢などの外見を明るくすることで、こころを元気にすることができる。外見は自分のこころだけでなく、他の人のこころも元気にする。それは非言語的なコミュニケーションといえ、職場や家庭、学校など、いろいろな場面での人間関係にも影響する。だからこそ、新年度には、新しい環境で緊張している人たちが安心できる環境作りが大切になる。