つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報

2017年02月28日

 〕系学生が研究室や学校の推薦に頼らず、自由意思で就活するにはどうすればよいか。まず、一般応募の窓口はルール通りの選考スケジュールになるが、機械・電気・電子・情報系などはとにかく人手不足だから卒業寸前まで受け入れている企業がある。次に考えられるのは「文系への転換」だ。理系のプレミアムはなくなることになるが、採用活動を終えたメーカーからは、高評価の声を聞く。

◆〇劼匹發小学校に入ると、「毎日の宿題」で頭を悩ます親は少なくない。子どもに毎日宿題することを習慣づけさせるには、宿題の目的をしっかり伝えることが必要になる。一つは「家庭学習の習慣づけ」だ。もう一つの目的は「基礎学習の定着」にある。小学校教師の間では、「学年×10分」が家庭学習にかけたい時間の目安とすることが多いという。

 受験シーズンがヤマ場を迎えているが、受験生より一足先に東京大学の合格に挑み、壁にぶつかった挑戦者がいる。人工知能(AI)の「東ロボくん」だ。成績が伸び悩み、東大挑戦は凍結することになった。急速に進化するAIが、なぜ東大に合格できないのか。背景を探ると、AIが抱える弱点が浮かび上がる。


ぁ(孤科学省は24日、2016年夏に実施した中学3年生の英語力調査の結果を公表した。「聞く・話す・読む・書く」の4技能のうち、実用英語技能検定3級程度以上と評価された生徒が5割以上だったのは「書く」力のみだった。その他の3技能はいずれも3割前後。政府は17年度までに、中学校の卒業段階の生徒の50%以上が英検3級程度以上の英語力を持つとの目標を掲げているが、達成は厳しい情勢だ。


文部科学省は24日、2019年度の全国学力・学習状況調査から中学校3年生が新たに受ける英語の「話す」力の採点に、パソコンやタブレット端末を使う方針を示した。これまで教員が生徒と対面して採点する案を検討していたが、昨夏に中3を対象に実施した調査で、教員間で採点にばらつきが生じたため方針を転換した。