つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報

2016年07月27日

 .螢ルートマーケティングパートナーズ(東京・中央) オンライン学習サービス「スタディサプリ」上で、議論やプレゼンを通して主体的に学ぶ「アクティブ・ラーニング」用の教材配信を始めた。2020年度以降の新大学入学試験などの対応で授業に導入したい学校などの利用を見込む。

◆ゞ軌を目指す学生が長期間、教育現場を経験する「学校インターンシップ」が広がっている。教科指導が中心の教育実習と異なり、校務や部活動にも関わることで現場の実態が分かり、学生自身が教員への適性を考える機会ともなる。自治体にとっても人材確保の好機になると期待されるが、内容の充実には大学と自治体・学校の間の緊密な連携が欠かせない。

 文部科学省の有識者会議は22日、2018年度以降に小中学校で正式な教科となる「道徳」の評価方法を示した提言をまとめた。評価は5段階などの数値ではなく記述式とし、入試に使う内申書には記載しないよう求めた。文科省は今月中にも都道府県教育委員会などに通知する。

ぁ‖針擦奮惺散詰,箒軌藉愀玄圓縫ャリアアップの場を提供しようと、鳴門教育大(徳島県鳴門市)がインターネットを活用し、自宅や職場にいながらでも大学院に「通学」して修士号などを取得できる遠隔教育プログラムを導入している。担当する藤村裕一准教授(教育工学)は「職場を離れられず通学を諦めていた人が専門性を高める機会にしてほしい」と話す。

お役立ち情報

2016年07月20日

親の収入が少なく、日々の暮らしにも困る家庭の子どもたちや、虐待で親と暮らせない子どもたちが抱える問題は複雑だ。学習習慣がなく勉強についていけないだけでなく、歯磨きやあいさつといった生活習慣すら身についていないこともあるという。こういった子どもに、進学や就職の道筋をつけ自立を支援する場が注目されている。子どもの居場所の今を追った。

◆ ̄儻豢軌の確保が難しい過疎地域の学校で、テレビ会議のシステムを使った遠隔授業を導入する動きが広がっている。スクリーンを通じ、離れた場所にいる教員と双方向にやりとりすることで、違和感なく英会話を学べる。教員の数や質の差から生まれる地方のハンディを解消する取り組みとして注目される。

 政府は2020年度から小学校でコンピューターのプログラミング教育を必修化する方針だ。身近な情報端末に慣れるとともに、IT(情報技術)教育を広める。何を教えるのか、本当に必修化が必要か。子供に創造的な学びの場を提供するNPO法人CANVASの石戸奈々子理事長と、人工知能研究を進める新井紀子・国立情報学研究所教授に聞いた。

ぁ 岾惺擦梁琉蕕亮業というのは、人をスポーツ嫌いにさせるために存在しているのではないのか」。作家の村上春樹さんは随筆でそう振り返る。同じ体操着を着て、やりたくない運動をさせられるのが苦痛で仕方なかった。自分は運動が不得意だとも思っていたという。

2020年度実施を目指す国の大学入試改革の議論を受けて、私立中学の入試に異変が起きているという。中学入試に詳しい安田教育研究所の安田理代表によると、2016年度の首都圏の私立中学校入試の特徴の1つは、リーマン・ショック以降下がり続けていた受験者数が増加に転じたこと。さらに、この大学入試改革論議が中学入試そのものも大きく変えたこと。

Αー臧惴け人材サービスのビースタイルは12日、主婦パートの募集時平均時給を初めてまとめた。同社のサイトで6月に掲載した求人約5千件の平均は1081円だった。主婦に人気で案件の4割以上を占めるオフィスワークは、平均時給が963円だった。職種別には金融関連や塾の事務職で上昇が目立ち、東京都心部に限ると1700〜1800円の案件が増えている。

お役立ち情報

2016年07月14日

ママ向けサービスプラットフォーム「ウーマンエキサイト」がフルリニューアルする。「子どもの教育」では、子どもの教育に対する悩みや実態をウーマンエキサイトが調査、分析して記事にする。「お出かけ」では、日本最大級の情報量を誇る子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」から提供されるお子様と一緒に楽しめるお出かけスポット情報が閲覧できる。

◆〃敕戮両祿欧ある児童生徒を対象に、一時的に別室で特別な指導をする「通級指導」を、従来の小中学校に加えて高校でも2018年度から始めようと文部科学省が準備を進めている。義務教育ではなく、試験を経た生徒が集まる高校にはなじまないとの意見もあるが、既に導入している高校は「効果が高い」と手応えを感じているようだ。

 親の失業、病気、離婚などが原因で経済的に困窮する子供をどう支えるか。参院選では各党がこぞって教育支援の充実を掲げるが、法律がうたう貧困対策の理念を実現するための財源は十分とは言えない。日々の生活や進学に不安を抱える子供は多く、専門家は「予算の配分を含めて議論を深めるべきだ」と指摘する。

ぁ‘眦塚旅圓錬憩、あらゆるモノがネットにつながるIoTを活用した教育コンテンツの実用化でインテルと協業すると発表した。児童や生徒が主体的に学ぶアクティブ・ラーニングに適した教材や、学習データを分析し指導に役立てるシステムを検証する。内田洋行の大久保昇社長は「子供が本当に能力を発揮できる環境をつくりたい」と意気込みを語った。

ァヽ惺擦能う元素の周期表に、日本で発見された元素が初めて並ぶことになった。原子番号113番の「ニホニウム」だ。米国とロシアが見付けた115番「モスコビウム」、117番「テネシン」、118番「オガネソン」も入ることになり、周期表は7周期目まで完成した。周期表はいったいどこまで続くのだろうか。

お役立ち情報

2016年07月06日

 ヽ惺燦従譴任蓮▲妊献織覿飢塀颪筌廛蹈哀薀潺鵐斡軌蕕覆匹瞭各を視野にICT(情報通信技術)環境の整備が急ピッチで進んでいる。ICT化は授業のほか教員の業務の支援目的でも導入が相次いでおり、今回佐賀県で起きた情報流出事件に文部科学省の担当者は「各教育委員会に改めてセキュリティーの徹底を求めたい」と話す。

◆|羆教育審議会の専門部会は27日、2022年度以降に導入する高校の次期学習指導要領の地理歴史・公民について、科目の構成やおおまかな学習内容を取りまとめた。公民科は選挙権年齢の18歳への引き下げを踏まえ「公共」を新設。法律や経済の仕組みに加え、社会保障の現状などを学び問題点を理解する。学習内容が重複する「現代社会」は廃止する。

 米国で大学や大学院の学費にあてる学生ローンの残高膨張が続いている。2016年3月末で1・26兆ドル(約128兆円)となり、10年前の約3倍に増えた。大学進学率の上昇に加え、学費の高騰が原因だ。返済が重荷となって若い世代に結婚や出産、住宅購入の遅れが出ており、米経済成長の足かせになっている。

ぁ〇憶〜で与野党がこぞって奨学金の充実を訴えている。国内には一部の私学などを除いて返済不要の奨学金はほとんどない。貸与型の奨学金を利用し、卒業時に数百万円の借金を背負う若者も多く、結婚など将来設計にも影を落とす。専門家からは、社会全体で教育費用を負担する仕組みの整備を求める意見が出ている。

英語以外の言語も簡単に始められたらいいな。そんな願望を持つ人は多いのではないだろうか。50languages.comが提供している「50カ国語」は通勤時などでも手軽に学べる語学アプリ。日本の大学で第2外国語として学ぶような言語はもちろん、ベトナム語やタイ語、リトアニア語や南アフリカで主に使われるアフリカーンス語など、マイナー言語も学べる。

Α(株)学研ホールディングスと(株)市進ホールディングスは、提携業務を拡大する。新たに(株)エスワンを設立し、両社の強みを融合させるだけでなく、「グローバル化に対応した英語教育」「思考力・判断力・表現力などの育成」等、次代を担う子どもたちが、これからの社会において必要となる「生きる力」を身に付ける教育を目指す。