つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報【2015/10/27】

2015年10月27日

 |覽戮澆魍萢僂垢襪砲六間を3分割。まず最初の30分間を使い、同じチームの仲間と社員食堂で昼食を取る。食事中は会話を楽しむが、往復の移動時間は仕事の進捗の報告や相談事に充てる。食後の20分間はプライベートな書類の処理に使う。残りの10分間は「昼寝タイム」。タイムリミットがあるからこそかえって集中できることもある。

◆屬罎箸蟠軌蕁廚慮躬察柄甍霤賃膤惷擬須賀晃一氏)・・・「子供の自主性を尊重してゆとり教育を実施した場合に何が起こるかは、経済学的にはインセンティブの面から考える必要がある。ゆとりで生まれた自由な時間を反復学習に使った子供はほとんどおらず、テレビゲームなど遊びに使った。ゆとり教育の目的は共有されていたか、教育の需要者は誰か、誰のインセンティブがどのように働くかを事前に十分検討しておくべきだったのだ。」

 教育・研究の国際競争力を高めるため、どのように大学を変えていくのか。京大・山極流の戦略と課題を聞いた。「英語は習熟する必要はあるがツールの一つでしかない。大学4年間で考える力をしっかり身につける。文理融合の答えのない問題の解を考えさせる。高校の教育改革を大学も協力してやっていく必要がある。」・・・など。

ぁ19年導入の「高等学校基礎学力テスト」と、20年導入の「大学入学希望者学力評価テスト」について、早稲田大学教授須賀晃一に聞いた。「同じ層の受験生が集まる大学間では入試問題や選抜方法を類似のものにすべきだとの考え方がある。そのためには各大学に出題形式を任せるのではなく、ある程度政府の関与が必要だ。新しい選抜方法はこれまで受験産業に縛られてきた大学入試を、大学と国による管理型競争に転換するものといえる。」

動画を使って自宅で予習し授業では発展的な内容の学びに重点を置く「反転授業」。eラーニング用システム開発のデジタル・ナレッジが今年4月、高校、大学の教員計100人にそのメリットを尋ねたところ「授業を思考能力育成の場にできる」(37%)、「生徒の自宅学習時間が増える」(35%)という回答が多かった。課題としては「授業の動画を作る教員の負担」(44%)、「生徒の自宅学習の定着化」(32%)などが挙げられた。

お役立ち情報【2015/10/21】

2015年10月21日

米国の小規模な私立大学が、入学者の定員割れに直面している。学費と学位の価値をはかりにかけた学生が、学費が高くても就職などに有利な有名大や、学費の安い公立大に向かっていることが背景にある。少人数で幅広い分野を学ぶのが特徴の「リベラルアーツ大学」は学生を奪われる形で、中には閉鎖や統合を迫られる例も出てきた。

◆―佝任筌ぅ鵐拭璽優奪隼業を展開する「カドカワ」は14日、沖縄県に設立を予定している通信制高校の詳細を発表した。インターネット社会に対応し、授業やリポート提出をネットで行うのが特徴で、校名は「N高等学校」。同県うるま市に来年4月開校する。

 電通は15日、子供に能動的な学習を促す「アクティブラーニング」を研究する専門組織を設置する。広告の企画立案のノウハウなどを応用した学習法を研究する。アクティブラーニングは新しい学習指導要領に盛り込まれることが検討されている。電通は確立した学習法を教育機関などに提供する考えだ。

ぁ\こΤ胴颪梁膤悗瞭学資格や受験資格が得られる教育プログラム「国際バカロレア」の高校への導入を促そうと、文部科学省は高校や自治体向けの手引書を作った。政府はグローバル人材の育成につながるとみて導入拡大を目指しているが、学校現場の動きは鈍いのが現状。認定までの流れや導入の利点を解説し、関心のある高校などを後押しするのが狙いだ。

国内外の見知らぬ人と手紙やはがきをやり取りする文通を楽しむ若い世代が増えている。相手の人柄や暮らしを想像しながら、自分の身の回りの出来事などを手書きでつづる。インターネットが普及し、スマートフォンで瞬時にメッセージを送受信できるようになった今、逆にすぐには届かない書簡の交流に改めて魅力を感じているようだ。

政府は少子化対策を強化する財源として、企業が負担する子育て支援向け拠出金の増額を経済界に求める方針だ。企業負担は最大で年1000億円規模で増える可能性がある。捻出した財源は共働きや子どもが多い世帯向けの育児支援に充てる方向で調整する。安倍晋三首相が主導する「一億総活躍社会」の実現に向けた具体策の目玉とする考えだが、経済界は反発する可能性がある。

お役立ち情報【2015/10/14】

2015年10月14日

 ヽ式会社バンダイは、10月12日の「体育の日」およびスポーツの秋にあわせ、小2、小5、中2の子どもを持つ親840人を対象に、「小中学生のスポーツに関する意識調査」を実施した。親の「体力づくりをさせたい」という意向に加え、子ども自身も「体力づくり」の目的が多数だった。

◆‐中学生の利用が増えているSNS。言葉のやりとりが子供間のトラブルにつながるケースも多い。静岡大は無料対話アプリのLINEと共同で、ネットを安全に使うための情報モラル教材を開発した。文言の検討を重ね昨年夏に第1弾が完成。10月中には「SNSに公開されて嫌な写真はどれ」などのテーマで新たなカードができる予定だ。

 北海道セキスイハイム株式会社は、2009年から全国のセキスイハイムで展開しているかげやまモデル「子どもが賢く育つ家」に、新たに「楽しく家で勉強できる」学習ソフトの提供サービスを加えた北海道民のための「かげやまモデルDomin Style(ドーミンスタイル)」を10月17日(土)より発売する。

一般財団法人の気象業務支援センターは9日、8月に実施した気象予報士試験の合格者を発表した。千葉市在住で渋谷教育学園幕張中2年の太田千晴さんが13歳8カ月で合格し、女性としての最年少記録を更新した。

文部科学省が全国の公立小中高校などを対象に3月時点のICT(情報通信技術)環境の整備状況を聞いたところ、タブレット(多機能携帯端末)の整備台数は15万6356台で前年の2・15倍になった。担当者は「持ち運びしやすく、写真や動画を撮影して授業で活用できることが普及を後押ししている」と話す。電子黒板も9万573台で前年比8045台増えた。 

お役立ち情報【2015/10/7】

2015年10月07日

ファストフード店や学習塾が都市部のビルなどの賃料上昇を受け、収入増を狙った新型店を相次いで設けている。ハンバーガーチェーンのフレッシュネスは、ステーキなどを提供するレストランを展開。学習塾の栄光ホールディングスは、同じ教室で塾と英会話教室を開く「二毛作」型の施設を増やす。

◆(顕幣覆郎鯒度から大学の国際化をさらに進める政策として、「スーパーグローバル大学創成事業」を始めたが、苅谷剛彦オックスフォード大学教授は、国際化を担う「外国人教員等」の多数は外国での教育研究歴が1〜3年の日本人教員で、高度な授業を外国語でこなすのは心もとないと指摘する。

 英会話教室のイーオンが8月、中学・高校の英語教師283人に「授業でサポートが必要、困難と感じていること」を尋ねたところ「文法を英語で説明する」が58%で最多だった。多い順に「スピーキング指導」(49%)、「ライティング指導」(41%)と続いた。「文法指導」(23%)や「リスニング指導」(20%)という回答は比較的少なかった。

ぁ〕菁1月16、17日に実施される大学入試センター試験の出願受け付けが29日、東京都目黒区の同センターで始まった。現在の高校3年生が高校に入った2013年度から新学習指導要領が完全実施されたため、全科目の問題が新課程対応になる。「工業数理基礎」を除いて、旧課程で学んだ受験生への経過措置はない。

ァ 峺充太こΔ寮治や経済がどんな因果関係で動いているのか。この疑問に答えられない歴史書は無意味だ」。6月刊行の「世界史で学べ! 地政学」(祥伝社)の著者、茂木誠氏は強調する。 専門研究者ではない著者の世界史概説書が人気を呼んでいる。細かな史実にとらわれず、明快な歴史観で大きな流れを提示してゆく点がビジネスマンらに実用的だと評価されている。

学研ホールディングスは2016年4月をメドに、プログラミング教室の全国展開を始める。小学生らがブロック教材を使って信号機や踏切などを作り、プログラムを組んで実際に動かす。学習塾などに売り込み、3年で500教室に広げる。海外では低年齢からプログラミングを学ぶ動きが広がっており、少子化でも新たな需要が開拓できるとみている。

А/奮惺擦斑羞校では、高校生の学習習慣の定着に差があり、進学校の方が同級生同士が刺激し合って学習に取り組む傾向にあることが大学入試センターの調査で分かった。中堅校に通う生徒の学習行動をテコ入れするとなれば、一つは「高校前半期にいかに学習習慣をつけるか」。もう一つは、「学習意欲が高まるような場を、いかに形成するか」という点である。