つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報【2014/12/22】

2014年12月22日

‥賤梁膤悗文武両面で存在感を高めている。箱根駅伝で過去6年間に4度の総合優勝を果たしたほか、学部の新設・再編などが奏功。志願者数を増やしている。文部科学省が選んだ「スーパーグローバル大学」にも入るなど勢いに乗るが、支出増など課題も見えてきた。少子化が進むなか、自らの強みをどう打ち出すかが問われている。

学研ホールディングスは来春から小学校低学年向けのオンライン英会話を始める。海外在住の講師が一対一で指導し小学校在学中に中学2年生並みの力を付ける。独自教材を使い週2回で月6千円と値ごろ感を出した。子ども向け英会話市場は年1千億円。2020年度に小学3年生から英語が必修となる見通しで少子化でも成長が見込める。

「人の役に立ちたい」「人に喜んでもらいたい」といった感情は誰もが持っている。人
のために何かをするのは好ましいが、世話を焼きすぎて「共(きょう)依存」と呼ぶ状態になってしまうと、相手の自立を妨げる場合もあり、注意が必要だ。

な孤科学省は大学入試改革の一環で、各大学が出願に必要な学力レベルを募集要項で受験生に提示するよう求める。大学入試センター試験に代わる新共通テストが導入される 2021年度入試から適用する。集めたい学生像を各大学に明確化させ、特色の強化や教育の質の向上につなげる狙いがある。

お役立ち情報【2014/12/17】

2014年12月19日

。慣遒房損椶気譴秦換餝慘蓮Τ惱状況調査(全国学力テスト)の結果について、全国の6%にあたる114市区町村教育委員会が学校別の成績を公表済みか、公表予定であることが9日、文部科学省の調査で分かった。都道府県教委レベルでは5県だった。学校別成績は今年から公表可能になったが、学校の序列化を懸念する声も多く、教委の対応は分かれている。

学習塾の京進は来年1月、ミャンマーで日本語教育を始める。最大都市ヤンゴンに日本語学校を設け、現地の社会人や大学生らを指導する。ミャンマーでは日系企業の進出が盛んで、日本語への関心が高まっている。日本国内は少子化で学習塾の事業拡大が難しいことから、東南アジアでの日本語教育を新たな収益源に育てる。

今年7月、「6人に1人の子供が貧困に陥っている」とのデータが公表され貧困対策の必要性がクローズアップされた。終盤に入った衆院選では多くの政党が子育て家庭の支援策を公約に掲げており、母子家庭など厳しい環境で暮らす親子や支援団体などは「実効性のある施策を」と強く願っている。

ぅ戰優奪散軌藾躪膰Φ羹蝓陛豕)が13日までに、中高生のIT(情報技術)活用に関する調査結果をまとめたところ、日常的にインターネットを活用している高校生は9割以上、中学生も8割以上に上ることが分かった。自由記述では、スマホや携帯電話を「体の一部」と答えた中高生がいた一方で、「なくても困らない」とする回答もあった。

お役立ち情報【2014/12/9】

2014年12月10日

.戰優奪札曄璽襯妊ングスは12月中に本社やグループ約40社の全部門から約300人の希望退職を募集する。同社が希望退職を募るのは1955年の創業以来で初めて。通信教育講座「進研ゼミ」会員などの個人情報を漏洩した補償で2014年4〜9月期の連結最終損益が20億円の赤字となっており、通信教育などの事業リストラを進める。
 
国の特例で2006年度から小学校に「英語科」を導入した品川区。これまでALT(外国人指導助手)を活用してきたが、教員からの「英語で意思疎通できない」という声は絶えず、中学英語の教員免許などを持つ日本人を3人雇用した。今年度からJTE(日本人英語指導者)として同小など3校に配置し、今後全校に計37人を置く。

B膽螻惱塾「第一ゼミナール」などを展開するウィザスは5日、同業大手の浜学園と業務提携すると発表した。教材や指導ノウハウなどを共有するほか、新規の事業やブランドを立ち上げるための共同出資会社を設立する。両社とも関西圏を地盤とするが、対象とする生徒層が異なるため、提携するメリットがあると判断した。
 
い△靴覆育英会は6日、奨学金を貸与している高校生を対象にした調査で、アルバイトをしたことがある人は36・6%だったと発表した。経験者の40%以上が稼いだお金を通学の交通費など学校の費用に充てているという。
 
ゥ愁侫罰発のジャストシステムが11月、子供に有償の英語教育を受けさせている20〜40代の女性2千人に学習の目的を聞いたところ「学校の英語授業で困らないように」(48・5%)とする回答がトップだった。「いつか必要になった時に困らないように」(46・6%)、「英語から世界へ興味を広げてほしい」(40・3%)が続いた。

お役立ち情報【2014/12/1】

2014年12月01日

仝立高校の入試制度が見直されたといっても、調査書の成績(内申)が合否に大きなウエイトを占める点は、変わっていない。私立の推薦も、おおむね同じだ。
 熱を出して、期末考査を欠席することになったA男。初めの一歩でつまずいてしまったが、まだまだ先は長い。取り返す方法はいっぱいある。
 発熱は、無理や油断が招いた結果だが、本人がそれに気付いて、今後、用心するのなら、むしろ貴重な経験となるだろう。
 
学研ホールディングス(HD)は27日、ICT(情報通信技術)教育事業を手掛ける新会社を設立したと発表した。まずは学校や塾などを対象に、小〜中学生向けの教材アプリなどの販売を2015年1月から始める。家庭向けの商品も販売していく考えで、17年9月期に約10億円を目指す。

6軌藉慙企業が学童保育事業を拡大する。ベネッセホールディングスは今後15カ所まで施設を増やす。市進ホールディングスなども拠点を増設。夜遅くまで児童を預かり勉強の手助けもする。学童保育の潜在需要は約40万人。共働き世帯には保育園児が小学校に進学し預け先がなくなる「小1の壁」がある。

す島大学の山崎博敏教授の推計によれば、全国の小中学校教員の需要のピークは2019年度で、その後は大幅に減少する。
 近い将来、教員採用試験の倍率の上昇は必至である。中学・高校と同様、小学校教員の世界でも教員免許は持っていても教壇に立てない「ペーパーティーチャー」が大量に生まれるだろう。大学間の競争は激化し、入学定員を削減したり、学部学科の名称を変更したりする大学が出てくる可能性もある。

ゴ慇昌簑腓陵此⇔命館が注目すべき付属校戦略を打ち出した。9月に立命館中学・高校を深草キャンパス(京都市)から立命館大学に近い長岡京キャンパス(京都府長岡京市)に移転した。一貫教育を強化する一方、指定校推薦で入る学生数は減らしつつある。小学校から大学までをにらんだ独自カリキュラムで「立命館流」人材を育てる。 

Α.戰優奪散軌藾躪膰Φ羹蝓陛豕)が2〜3月、小学4年から中学2年の児童生徒と保護者の計5409組を対象に実施した調査によると、勉強について「とても好き」「まあ好き」と答えた割合は小学4年の66・8%が最も高く、最低は中学2年の36・6%だった。