つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報【2014/11/26】

2014年11月26日

ヽ惱塾運営の秀英予備校は、現在は40校舎で実施している個別指導を年間10〜15カ所増やす。集団授業をしている約100校舎にも来春までに個別指導のコースを順次併設する。同社は生徒の減少や同業との競争激化で計19校舎を閉鎖する方針。

⊂学校では宿題を禁止します――。ベトナムの教育訓練省が11月3日、こんな通達を出した。忙しすぎる小学生の負担を軽減するためだ。ベトナムでは小学校低学年から猛勉強させる親が多い。授業が終わったあと先生による塾形式の補講を受け、帰宅した後は大量の宿題をして深夜に寝るのが典型的な生活パターン。
 
B膽衢夙校の代々木ゼミナールが来春、全校の約7割にあたる20校舎を閉鎖すると発表し、業界に衝撃が走った。少子化による生徒数の激減、個性を重視し受験生を書類や面接で選考する大学が増えるなど、受験の現場に大きな変革の波が押し寄せている。

ぞ中高校の学習内容を定めている学習指導要領の全面改訂について、下村博文文部科学相は中央教育審議会に諮問した。国際的な人材育成に向け、小学3年から英語教育を始め、高校では英語で討論できるレベルを目指す。高校の日本史の必修化や規範意識を学ぶ新科目の創設も議論する。
 
ト樟さ前、東大合格者63人を誇った都立の名門、両国高等学校。長く低迷したが、2006年に始まった中高一貫校の卒業生が出た2年前から、合格実績が都立トップ水準に躍り出て、教育界で注目を集めている。そこでは、「生徒が勝手に教え合う授業」が展開されていた。
 
塾に通う小学3〜5年生を対象にアンケートを実施した。「お父さん、お母さん、こんど[○○]、お願い!」という設問で、4年生の3人に1人が、「勉強教えて」と答えた。似たような回答は3年生はゼロ、5年生は1割弱。むしろ上級生の方が、「携帯買って」「旅行に連れてって」など、事前の予想通りの回答が多かった。

お役立ち情報【2014/11/19】

2014年11月21日

〆邁般かなえ氏は,サイン会で読者の方から、小説が入試や模擬試験の問題として取り上げられ、一部抜粋という形だったので続きが気になって本を読むことにした、と言われることがあるそうだ。出会いとは予期せぬところにころがっているものであり、今後も作品を通じて一人でも多くの方と出会えたら幸いに思う、とのこと。

∨務て擦任錬横娃隠廓度から文部科学省の特例制度の指定を受け、5校で遠隔授業が始まった。礼文高では古典や書道など4教科の一部で、これまでは専門外の教員が教えることが多かったが,数百キロ離れた札幌市や釧路市などの教員の指導を受ける。教室にはカメラが置かれ、教員は生徒一人ひとりの様子を確認しながら授業を進める。

ソフトバンクとベネッセホールディングスは11日、学校で使うタブレット端末に宿題や小テストなどを配信する事業を2015年度に始めると発表した。学校と年間契約し、実際の授業に活用してもらう。教師が生徒のテスト結果や出欠記録などのデータを把握しやすくなる利点を訴え、まず中学校や高校への導入を目指す。今後は授業の理解を深めるのに役立つ動画配信も始める方針だ。

ぞ学5年からの英語の教科化を含む学習指導要領の全面改訂について、下村博文文部科学相が20日開催の中央教育審議会(中教審)に諮問することが12日、分かった。現在は小学5、6年で実施されている教科外の「外国語活動」を小学3年から始め、5、6年では教科に格上げする方向で制度設計を進める。

セニ攣圓頬楴劼鮹屬学習塾の進学会は14日、関西を地盤とする浜学園(兵庫県西宮市)と共同出資会社を設立し、愛知県内で公立高校の受験塾を運営すると発表した。来春に名古屋市内に教室を開き、5年後をメドに教室数を10〜15に増やす。両社は11月末に包括的な業務提携を結んで、受験指導のノウハウなどを共有する方針だ。
 
ε澳講習の申し込みも一段落ついた。まずは電話やウェブで資料請求があり、その後に申し込みという流れなのだが、近年目立つのが、「集団授業」と「個別指導」の資料を同時に資料請求してくるケースである。一昔前までは、大学受験の予備校や塾といえば集団授業一択だったのだが、そういう考えは、もはや古いものになってしまった。
 

お役立ち情報【2014/11/12】

2014年11月12日

〕夙校や学習塾が「冬の時代」を迎える中、増進会出版社が大学生や社会人向けの資格講座に力を入れている。中高生向けで培ったきめ細かな通信添削指導が特徴だ。資本提携した資格取得のTACと共同で15年度から、国家公務員試験や公認会計士講座の通信教育コースを始める計画。ナガセも企業向けのビジネススクールや語学研修を強化する。

家庭教師の派遣や個別指導塾を運営する「トライグループ」は2015年に直営の個別指導塾の数を現在よりも6割多い520教室にまで増やす。講師1人に生徒1人が受講する「マンツーマン」の形式で展開する。首都圏や近畿圏では主要ターミナル駅を中心に展開してきたが、周辺の小さな駅前にも用地や物件を確保、攻勢をかける。

4慇消枠廚燃惱塾運営の成学社は個別指導教室「フリーステップ」のフランチャイズチェーン(FC)校の展開を始める。最近は生徒の学力や受験校に合わせた授業ができる個別指導を選ぶ傾向が強い。FCの教室を増やすため、学習塾運営の経験がない個人でも開業、運営しやすいよう、授業や進路指導などの研修や説明会を首都圏などで開くことにした。
 
せ埒淵曄璽襯妊ングス(HD) 中高一貫校向け塾「ena」の学究社と業務提携したと7日発表した。まず年度末に、市進HDが東京都と神奈川県で閉鎖する約6校舎について、学究社が運営を引き継ぐ。

ジ生労働省は7日、大卒で就職後3年以内に仕事を辞めた人の割合が、2011年3月卒業者で32・4%と、前年の卒業者と比べて1・4ポイント増加したと発表した。11年卒は厳しい雇用環境で不本意な就職をした人が多かったことから、早期離職の増加につながったとみられる。

お役立ち情報【2014/11/05】

2014年11月05日

〕夙校の「東進ハイスクール」を運営するナガセは、首都圏で大学受験塾を運営する「早稲田塾」を12月に買収すると発表した。早稲田塾は24教室を運営し、推薦入試の面接指導を主に手掛ける。現役合格を目指す高校生の需要取り込みを進める。
 
国内教育業界で生徒獲得をめぐる動きが活発になっている。ベネッセホールディングスは、グループ外の全国750の中小学習塾と提携し、ベネッセの通信教育講座「進研ゼミ」の会員を指導できる体制を構築する方針を明らかにした。ベネッセにとって中小塾はライバルではあるが、あえて手を組むことで受け皿としてサービスを拡充できると判断。

B燭の日本の大学が学生の英語力向上のためにいっそう力を入れつつある。具体的には、英語漬けになるようしむけたり、海外留学を義務付けたりすることだ。社会的にニーズが高まっているグローバル人材の育成が主眼だが、大学改革に結びつけているのが特徴だ。
 
で祥獲菴牲弍浜椣子(BDNF)は脳の神経細胞の発生や成長、維持、修復に働き、学習や記憶等の能力に影響を与える脳細胞にとっての重要な栄養分である。近年、BDNFの分泌に最も影響を与えるのは運動であることが分かってきた。日本の子供たちの国際的な学力低下に歯止めをかけるには、机に向かう時間を増やすよりも、土台となる体力を身につけることを優先すべきである。

ゲ蝋臀里亘菁秋に東京、大阪、名古屋の主要校舎で「医学部入試相談会」を開く。進学希望者は医者の子供だけでなく、サラリーマン世帯も珍しくない。少子化に伴う学生獲得競争が激しさを増す中、近年は多くの私立大が6年間で計数百万円の学費値下げに踏み切っている。河合塾の教育情報部長はリーマン・ショック後の安定志向や、少子化で子供にかけられる教育費が増えたことも要因と分析する。