つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報【2014/9/24】

2014年09月24日

々盥擦良修科目の一つで、インターネットの仕組みや必要なモラルを学ぶ「情報」の授業の形骸化が懸念されている。表計算など簡単なパソコンの操作を教えるだけのケースが目立ち、数学など別の受験科目に振り替える高校もある。背景にあるのは指導力のある教員の不足だ。情報処理分野の研究者らでつくる情報処理学会は8月、教員向けの講習を初めて開催し、指導力の改善に乗り出した。

∋匐,龍軌蕕鮟笋辰匿討量魍笋変化している。「お受験ママ」のイメージが強い受験の世界ではビジネス感覚を生かして子供の勉強を見る父親が増えている。息子の小学校受験に携わり、お受験事情に詳しい信州大学の牧田幸裕准教授は、「受験ではスランプなど予期せぬ出来事が起こる。これはプロジェクトと同じ。ビジネスの最前線にいる世の中の父親はすばらしいスキルを持っているのに、子供の教育に生かさないのはもったいない」と。

小学校と中学校の区切りを無くす「小中一貫教育」の制度化をめぐり、導入に前向きな自治体が少数にとどまることが19日、文部科学省の初の実態調査で分かった。教員の負担増や財源不足などが課題として指摘されている。文科省は2016年度の制度導入を目指しているが、一貫校の普及にはハード、ソフト両面の環境整備が不可欠となっている。

な謄▲泪哨鵝Ε疋奪函Ε灰爐17日、99ドル(約1万円)の小型タブレット(多機能携帯端末)「ファイアHD6」を10月に発売すると発表した。アマゾンが仕掛ける低価格戦略で、タブレット市場の競争はさらに激しくなりそうだ。新発売するのは6インチ画面の小型タブレット。端末の低価格化に加え、追加コストで子供や家族などのテーマに沿ってソフトを提供する。

コ惴Ε曄璽襯妊ングス(HD)は学習塾事業でミャンマーに進出する。現地企業と合弁会社を設け、10月1日に幼児向けの算数教室をヤンゴンで開く。教育への関心は高く、放課後に学校の先生が有料で開く補講に参加する人が多いことから、今後学習塾の需要が見込めると見ている。日本国内の市場が少子化で頭打ちになる中、経済成長が見込まれるアジアで富裕層を開拓する。

お役立ち情報【2014/9/17】

2014年09月17日


|羚饑府が30年余り続く一人っ子政策の緩和にかじを切り、夫婦のどちらかが一人っ子なら第2子まで出産を認める施策が全国に広がった。各地で年齢などの制限が残るうえ、高い教育費負担から一人っ子を望む家庭も多く、急に2人の子を持つ家庭が増えることはないかもしれない。それでも、家族構成の変化を先取りしようとする企業が早くも動き出している。

∧孤科学省の「学校基本調査」から、ある年度に大学に入学した人のうち同年3月に高校を卒業した現役比率を計算すると、2014年度は84%に達した。1994年度は64%と浪人生よりやや多い程度だったが、この20年で現役生の割合が大きく拡大している。背景には、大学と親・子ども本人の皆にとって、現役で進学する方が有利だと考えられる事情がある。

1儻豢軌蕕魏榛个ら始めるべきか、よく議論される。この質問の答は様々だろう。私のWHO勤務の関係で息子は中2、娘は小3の時、インターナショナルスクール(マニラ)という英語の環境に突然放り込まれた。しかし若いころの異文化体験によりその後の自分の世界が広がったと息子、娘とも考えてくれているのではないか。

いい辰燭鵤桶愆制を導入したものの、再び元の3学期制に戻す公立小中学校が徐々に増えている。2学期制は終業式などの行事や定期テストの回数を減らして授業時間を確保する狙いがあったが、学習指導要領の改訂で授業時間数が増え必要性が薄れた。保護者からも「夏休み前に通知表が欲しい」などの要望があったという。
 
ィ桶愆最初の授業で、6年生に「志望校調査書」を提出させ、「なぜこの学校を志望するのか」を聞いた。「あの制服で渋谷の街を歩きたい」と思うのも、「文化祭での先輩の一言」で学校を選ぶのも、根底にある動機は「自分もあんな中学生になりたい」という思いである。6年生にもなると自意識が強くなり、いつまでも子供扱いする親に反発心を抱くようになる。親のかわりに自己形成のモデルとなるのが先輩だ。

ΣI融圓肋学校の空き教室を使って午後7時まで留守家庭児童などを預かる「放課後キッズクラブ」を市内全校に開設する。現在、遊び場を提供している市内約250カ所の放課後子供教室を、2019年度までに順次キッズクラブに移行する。学校教室を活用して夜まで預かれる体制をつくり、小学校入学後に預け先がない「小1の壁」といわれる問題へ対応する。
 

お役立ち情報【2014/9/10】

2014年09月10日

〔生ネットワークジャパンは1日、個別指導塾「明光義塾」の87教室をフランチャイズチェーン(FC)展開するMAXISホールディングス(東京・新宿)を2日付で買収すると発表した。買収額は18億円。同社は東京都や埼玉県など1都5県でFC運営する大手。明光ネットワークジャパンは傘下に置くことでFC展開の運営ノウハウを吸収する狙いだ。

⇒夙校運営大手の信学会は9月から、講師1人が1〜2人の生徒を指導する「PASS」のプログラムに、駿台予備学校の授業動画を導入した。学習塾「いずみ塾」などを運営するアイキューブは10月から、小学生向けの速算そろばん塾を増やす。学力低下に対する保護者の懸念が高まるなか、児童や生徒の習熟度に応じた指導を充実する。子どもの数の減少や県外資本の参入で競争が激しくなるなか、生き残りを探る。
 
E豕都品川区は、IT教育を推進する区立の小中学校10校で全生徒1人1台にあたるタブレット約1800台を配備した。多くの自治体が自宅に持ち帰らせることをためらう中、授業で使うだけでなく自宅に持ち帰って宿題や自習に利用できるのが特徴。生徒の学習意欲を盛り上げ、家庭でも勉強する習慣を身につけてもらう。

ぁ峪童生徒たちによりよい指導を」。子供たちが宿題や自由研究に取り組んだ夏休みの間、教員たちも「その道」のプロに学ぶ研修に通い、知識と技能の向上に汗を流した。大学教授らが考案した理科教室から、交流サイト(SNS)を舞台にしたいじめ対策までテーマは様々だ。文部科学省初等中等教育企画課によると、明確な統計はないものの、子供の夏休み期間中に研修を受ける教員は年々増えているという。

ズ、多くの高校が、予備校に入試制度・受験情報・学習法などの講演を依頼している。以前は、受験情報の講演依頼が多かったが、最近は学習法の講演依頼が増えているという。子供の数が減少してきているため、女子校を共学化したり、特進クラスをつくるなど高校側も様々な努力をしている。特に、難関大学への合格実績を出すことは生徒獲得への必要条件となる。

お役立ち情報【2014/9/3】

2014年09月03日

〜換餝慘魯謄好箸療堝刺楔別の平均正答率(公立校)では沖縄県の改善が目立った。昨年度は小6の国語Aと算数Bを除いて最下位だったが、今回は小6の算数Aの平均正答率が初めて全国平均を超え、都道府県別でも6位に浮上した。その他の小6の教科も最下位を脱したほか、中3は国語Bを除いて全国平均との差が縮まった。

■隠廓4月に始まった教育資金贈与の非課税制度は現在、学費や習い事の月謝などに限られているが、高齢者の持つ金融資産を少子化対策に生かすため、内閣府の有識者会議はこれを結婚や妊娠、出産、育児に必要な費用に広げることを検討する。また、民間企業が本社機能を地方に移転する際に、法人税を優遇する制度提案も盛り込んだ。

E豕大学の入試では0・0001点の差で運命が分かれることがある。センター試験の成績を圧縮して2次試験と合計するから、小数点以下の世界に当落すれすれの秀才英才がひしめくのだ。そこで、昨今は入試改革の動きが慌ただしい。センター試験に代わる「達成度テスト」では受験機会を複数化し、成績は段階別の表示にとどめるそうだ。

ず寛豸武雄市は27日、学習塾と組み、来年度から官民一体で運営する小学校の授業に採り入れる「青空教室」を公開した。異なる学年の児童でつくる班に分かれ、校庭などでタブレットを使ったり体を動かしたりしながら、長さや時間を体で測る感覚などを学んだ。

ィ隠坑坑映度に30万人近くと、現役の4分の1程度を占めていた浪人生が、今や8万人台にまで激減。来年度以降の一部閉鎖が決まった代々木ゼミナールとは対照的に、ナガセは「東進ハイスクール」のフランチャイズチェーン教室の展開と、教室が不要なネット配信の授業に注力し、資産を持たない戦略で経営効率を高めている。