つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報【2014/5/27】

2014年05月27日

(1)
 学研塾ホールディングス(東京・品川)は学習教材のデジタル化を本格
的に始める。教材を開発・販売するベンチャー企業、タマイインベストメ
ントエデュケーションズ(同・新宿)と10月にも新会社を設立。来年度
をメドに学研が得意とする理科の分野の教育コンテンツ(情報の内容)を
電子化してインターネット経由で配信する。

(2)
 タブレット(多機能携帯端末)などを使って小中高校生の勉強を支援す
る取り組みが注目を集めている。交流サイトなどの運営企業がけん引し、
学習結果から得られる膨大なビッグデータを基に問題正答率などを分析、
質の高い問題を作成するため常に改良を加えている。一斉授業よりも個別
指導が人気となる中で発展し続けるIT(情報技術)学習の現場を探った。

(3)
 凸版印刷は6月から、学校向けの教育関連の汎用システムを一括して提
供する。システムの企画から開発、運用までを受託。携帯端末を使った学
習支援、自治体の教育委員会向けの情報共有などを開発する。 

(4)
 近畿大学(大阪府東大阪市)は20日、英語で国際経済や法律を学ぶ学
部を2016年度に新設する計画を発表した。世界約75カ国に語学学校
を展開するベルリッツコーポレーションと連携。語学教育のノウハウを導
入して実践的なカリキュラムを作成し、外国人講師の派遣も受ける。
 
(5)
 光村図書出版や大日本図書など教科書12社と日立ソリューションズで
構成するデジタル教科書普及のための団体「コネッツ」は、タブレット(
多機能携帯端末)向けのデジタル教科書閲覧ソフトを開発した。2015
年にも学校現場での導入を見込む。

(6)
 授業の予習・復習や課題のため1週間に6時間以上勉強する大学生は2
8%で、2007年と比べて4ポイント低下したことが25日、国立教育
政策研究所の調査で分かった。大学生の「勉強離れ」が改めて鮮明になっ
た。

お役立ち情報【2014/5/21】

2014年05月21日

‐中学生を取り巻く環境の変化に伴い、学習参考書の売れ筋も変化して
いる。人気を集めるのは中学受験向けや、インターネットと連携した教材
。三省堂書店神保町本店(東京・千代田)で最新事情を聞いた。

⊇梁膽蠅留標ホールディングス(HD)は、関西地域で学習塾を展開し
ているウィザスと、塾事業の分野などで業務提携した。塾生獲得に定評の
あるウィザスと提携し、収益力向上に努める。

 学研ホールディングス(HD)は、市進ホールディングス(HD)の第
三者割当増資を6月9日に引き受けると発表した。両社が共同で開発した
学童保育所のほか、介護施設の展開を加速させる狙い。少子化で教育市場
が横ばいの中、両社は塾事業以外の新事業を成長させることで収益力を高
めたい考えだ。

ぁ〔生ネットワークジャパンは早稲田アカデミーと共同で開発したブラン
ド塾「早稲田アカデミー個別進学館」を拡大する。3年後をめどに現在の
2・3倍にあたる約50教室まで広げる。このほどFC加盟教室からもら
うロイヤルティー収入を12%から10%へ引き下げた。

ァ‥豕都内の自治体が小中学校の授業にタブレット(多機能携帯端末)を
相次ぎ導入する。インターネットや動画などを使い、子どもの学習意欲や
理解を高める狙いだ。荒川区は今秋、区立の全学校にタブレットを配備し、
授業で「1人1台」の態勢を整える。

 小学生向け通信教育が、紙の教材からタブレット端末を使った指導へと
移行しつつある。音声や動画、アニメーションをふんだんに使用しており、
子どもがゲーム感覚で問題に取り組める点が特徴だ。

お役立ち情報【2014/5/8】

2014年05月08日

|翩地方の小中学校で新年度がスタートして間もなく1カ月。学習塾の入塾や家庭教師の契約を巡るトラブルの相談が増えている。愛知県では2012年から増加に転じ、今年もほぼ同じペースで推移する。

個別指導型の学習塾「ヒーローズ」を全国展開する東海出版(浜松市、鈴木克美社長)は小学生らを対象にしたそろばん教室の運営に本格的に乗り出す。浜松市内の3教室でこのほど始め、年内にも全国展開する方針だ。

E豕都教育委員会は今年度中に、大手予備校の講師らを都立高校に派遣し、カリキュラムや授業内容の改善などのコンサルティングをしてもらう事業を始める。民間の受験ノウハウを活用し、難関国立大などの合格者数を増やすのが狙い。

ざζき家庭の児童らを預かる学童保育(放課後児童クラブ)の指導員向けに、子供と接する技能を教える民間の資格講座が増えている。

ゾ学6年生と中学3年生を対象とする文部科学省の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)が22日、全国の約3万校で実施された。過去の同テストで正答率が低かった読解力や表現力を測るため、自分の考えや解答に至るプロセスを記述させる問題をより重視。

合格への道のりは、一人ひとり異なる。無駄はそぎ落とし、合格のために必要にして十分な準備をきちんとして合格する生徒もいれば、入試には出ないような周辺の話題に興味を持ち、それをきっかけにおもしろがりながら勉強をして合格する生徒もいる。

Д戰優奪札曄璽襯妊ングスが30日発表した2014年3月期の連結決算は、純利益が前の期比6%減の199億円だった。主力の通信講座「進研ゼミ」と「こどもちゃれんじ」で会員数が減少。海外教育事業や介護事業は好調だったが補えなかった。