つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報【2014/4/18】

2014年04月18日

‘邱颪陵杆が心地よい3月下旬。学校を終えた児童や生徒が三々五々、那覇市の教室にやってきた。カウンターやテーブル、ソファを配置した空間はカフェのよう。渡山要(さどやま・かなめ、34)は、那覇市の学習塾の共同経営者だったが、昨秋、学習環境に恵まれない子供たちの居場所づくりのため非営利事業を立ち上げた。

■稗圈幣霾鶺蚕僉乏銅劼新しい大学教育プログラム「反転授業」向けのシステム開発に力を入れ始めた。富士ゼロックスが山梨大学と共同開発し、NECは大学向けシステムに機能を加えた。新たな教育プログラムはインターネットで予習し授業では討論をする。

3惱塾を展開する東京個別指導学院が9日発表した2014年2月期の単独決算は、税引き利益が前の期比2・1倍の7億3700万円だった。テレビCMの展開などで新規生徒数が増えたことが寄与した。

そ里箍板躑技佞了愼海閥戯爐鬟札奪箸砲靴織機璽咼垢如⊃年間の長期契約を巡るトラブルが後を絶たない。全国の消費生活センターなどへの相談は徐々に減る傾向にあるものの、高額な解約金や長時間の訪問販売についての苦情も目立つ。新年度に入り、教育サービスのセールスが多くなりやすい時期だけに、国民生活センターは注意を呼びかけている。

テ本以上の激しい受験戦争で知られる韓国で知識詰め込み型でないエリート教育が広がっている。通常の指導要領を離れて自由な指導ができることを特別法で保証した「英才高校」が新たに2校誕生。米英の名門私立校に倣い国のリーダー養成を目指す。子どもを均一的に学ばせる「ボトムアップ教育」を実践してきた日本などもエリート教育を模索しており、韓国の取り組みが注目を集めそうだ。

Ρ覗機器製造販売のEIZOは画面の上から手書きできる液晶モニターを製品化し、15日発売する=写真。主に学校の授業で利用することを想定し、モニターの画面を大型テレビや電子黒板に表示した授業もできる。ビジネス向けの需要も取り込む考えだ。

П標ホールディングスや増進会出版社(静岡県長泉町)がこのほどタブレット学習を開始するなど、教育業界ではタブレットに話題が集まっている。そこで記者(33)は、3月25日にタブレット学習サービスを本格的に始めたベネッセホールディングスのタブレット「チャレンジタッチ」を使って学習してみた。

お役立ち情報【2014/4/7】

2014年04月07日

ゞ軌藥餠眤M真託を通じて贈与された4300億円のうち、既に約150億円が引き出された。教育関連費などに使われたとみられ、一定の消費押し上げ効果があるといえそうだ。

高校生の親が塾や習い事、参考書代などの学校外教育活動にかける1カ月の教育費は1万7200円で、前回調査(2009年)より2200円減ったことが、ベネッセ教育総合研究所(東京)の調査で分かった。昨年3月、3〜18歳の子供を持つ母親約1万6千人に尋ねた。

M鳥教室を展開するコペル(福岡市)は2015年末までに教室数を現在の2・5倍にあたる100カ所まで増やす。小学校受験が盛んな首都圏を中心に展開する。少子化を映し学習塾・予備校の市場は頭打ちだが、他社が手掛けてこなかった幼児向けという特色を打ち出せば、早期に基盤を整えるのは可能と判断した。

こ惱塾の浜学園(兵庫県西宮市)は、自社のホームページ(HP)上で中学校の学校案内を提供するサービスを始める。関西を中心に約100校の情報を掲載し、パンフレットなどは無料で郵送する。HPの閲覧者は受験意欲が高く、学校の情報を届けることで塾生の募集と受験市場の活性化につなげる。

ィ稗圈幣霾鶺蚕僉剖戯爐粒発を手掛けるウイネット(新潟市、斎藤進社長)は、米アップルのiPad(アイパッド)で小テストなどができる教育機関向けアプリ(応用ソフト)の提供を始めた。小テストのほか、複数のIDやパスワードを記憶して校内システムなどに簡単にアクセスでき、電子教科書に付箋をつける機能も搭載した。

Ψ从儷力開発機構(OECD)は1日、世界の15歳を対象に2012年に実施した学習到達度調査(PISA)のうち、コンピューターを使って課題を解決する「問題解決能力」の結果を発表した。参加した44カ国・地域の中で、日本はシンガポール、韓国に次ぐ3位。

お役立ち情報【2014/4/2】

2014年04月02日

  峅板蹐任粒惱に革命を起こしたい」。25日、ベネッセが都内で開いた「進研ゼミ」のPRイベントで、統括責任者の成島由美さんはこう強調した。成島さんが手に取ったのは同日からサービスが始まったタブレット。

学習塾の京進は首都圏で英会話事業に乗り出す。近畿以外で初めてとなる教室を横浜市に開校した。今後2年間で東京や横浜など首都圏で7校程度開設する。

ベネッセコーポレーションが2014年度から、通信教育講座「進研ゼミ小学講座」を刷新した。紙の教材を使う従来の講座「チャレンジ」に加え、タブレット(多機能携帯端末)で学ぶ講座「チャレンジタッチ」をスタート。

ね鳥教室を展開するコペル(福岡市、大坪信之社長)は2015年末までに教室数を現在の2・5倍にあたる100カ所まで増やす。小学校受験が盛んな首都圏を中心に展開する。

ヂ膤悗龍飢塀颪鯏纏匆修垢詁阿が広まっている。4月から始まる新年度で、紀伊国屋書店が玉川大学と連携して教科書を電子化して販売。丸善CHIホールディングス(HD)傘下の丸善(東京・港)も北海道情報大学(北海道江別市)などと共同で電子教科書の配信サービスを始める。