つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報【2013/11/26】

2013年11月26日

.献礇好肇轡好謄爐錬横影、専用タブレット(多機能携帯端末)にクラウド経由で教材を配信する、中学生向けの通信教育講座を12月に始めると発表した。

教育出版の旺文社(東京・新宿)は24日、ペン型の音声装置を使って英単語を話してくれる子供向けの英語教材「ペンがおしゃべり!英検に役立つ 小学えいご絵じてん800」を発売する。

B膾緝楸軌薜儖会は21日までに、来年度から中学生の学力を測定するため統一テストを実施する方針を固めた。対象は府内の公立中学1・2年生全員で約15万人。

け宙の実験、何の役に立つ?―新薬開発へ無重量生かす、栽培できる野菜探求。

ッ淒搬腓留筝業ソ擽擬と学研教育出版(東京・品川)は、辞書や事典に掲載された単語の関連を一目で分かりやすく表示する学習支援システムを開発した。

お役立ち情報【2013/11/18】

2013年11月18日

ゞ軌藉慙企業が個人宅を教室に使った幼児・小学生向けの英語教育サービスを広げる。ニチイ学館は来春をメドに現在の10倍の1千教室を計画。

学習塾・予備校の売上高は5・7%増。前回調査を1・3ポイント上回った。生徒の学習状況に応じてマンツーマン指導する個別指導塾が支持を集めた。

政府の教育再生実行会議のメンバーで、担当大臣でもある下村博文・文部科学相に大学入試制度改革の狙いや今後の課題を聞いた。

せ邯獲兒罎配られる。ざっと全体に目を通し、瞬時に簡単そうな問題と難しそうな問題を区別する。時間は限られているから、確実に解ける設問から手をつけて難問は後回しにする。日本の学生にとって、これが答案用紙を書く手順の王道だろう。だがインドでは違う。

ゴ甼颯戰鵐船磧爾離轡礇ール(浜松市)が幼児向け知育玩具事業の本格展開に乗り出している。

γ羈惺擦任留親杏瑤領習が生徒に与える負担を検討するため、長野県教育委員会が設置した有識者委員会は14日までに、「朝練習は睡眠不足を招き、成長に弊害がある」として原則やめるべきだとする報告書をまとめた。

お役立ち情報【2013/11/11】

2013年11月11日

.縫船こ愆曚裡横娃隠廓4〜9月期の連結営業利益は前年同期比23%減の30億円前後となったようだ。

⊇┗冤夙校は山形市内に小中学生向けの学習塾を3校開校した。山形県での開校は初めてで、同社の塾拠点としては11道県目となる。

E堽中高向け進学塾「ena」を展開する学究社の2013年4〜9月期連結経常利益は、前年同期比1割増の8億円強と、計画(9億円)をわずかに下回ったようだ。

け麒鳴は今秋から小中学校の全児童生徒190人にICT(情報通信技術)教育を開始した。

ヂ膤慍革は大学だけにあらず――。立命館大学の強さのひとつは、小中高を含めた奥深い一貫教育にある。

Ρ儻貲塾呂慮…蟷業者が高校生や大学生向けの検定試験を充実させる。特定のテーマについて英語で話す技能を試験科目に加えたり、いつでも受験可能にしたり、大学と連携したりする。

お役立ち情報【2013/11/6】

2013年11月06日

ヾ慇消枠廚凌奮惱痢浜学園(兵庫県西宮市、竹森勝昭社長)は海外で現地の学童向けに算数教室を展開する。

九州地盤の進学塾、英進館(福岡市、筒井俊英社長)は来年1月にも、シンガポールに海外初の教室を開く。

進学塾が小学生を放課後に預かる「学童保育」事業を相次ぎ拡大する。全国学童保育連絡協議会(東京・文京)によると、学童保育所に入りたくても入れない小学生は潜在的に約40万人。受け皿になり、本業と相乗効果を図る。

づ豕個別指導学院、教室キレイ、勉学ススム、社員が徹底清掃、改装重視で投資。

コ惺擦悗離織屮譽奪函並慎’酬搬喘舎)導入の機運が高まっている。

Ω立の小中高校で昨年度、土曜授業を実施したのは全国で1割以下にとどまることが文部科学省の調査でわかった。

中高生の8割が友達とのコミュニケーションに無料通話・チャットアプリ「LINE」を使っていることが、英会話教室のGABA(東京・渋谷)の「中高生の日常生活と勉強に関する調査」で分かった。