つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報【2013/10/29】

2013年10月29日

.僖淵愁縫奪などが神奈川県藤沢市で開発中の環境配慮型都市「スマートシティー」の住宅以外の事業内容が明らかになった。生活提案型の商業施設や、カフェ、保育所や薬局、学習塾などで構成する施設もできる。2014年春の街開きの予定。

⇒靴售恭个捻親或牲个鮹辰┐襦屮灰ーディネーショントレーニング」が各地の学校に浸透し始めた。東京都は今年度から一部の公立小中高校などで試験導入。

I甬擇進むスマートフォン(スマホ)を使って手軽に勉強できるサービスが相次ぎ登場している。常に持ち歩くスマホならではの使い方として、反復学習により基礎学力をつけることを目指す。

な孤科学省は23日、正式な教科ではない「外国語活動」として実施している小学校英語の開始時期を現在の5年生から3年生に前倒し、5年生からは教科に格上げする検討を始めた。

ヂ膤愼試改革を議論している政府の教育再生実行会議は21日、現行の大学入試センター試験に代わる新テストと、高校生の学習到達度を確かめる基礎学力テストの2つの名称を「達成度テスト」に統一し、同じ組織が統括する方向で検討に入った。

お役立ち情報【2013/10/15】

2013年10月15日

ゞ飢塀饅佝任凌袈十佝納匏捨售曚筍稗垓戯爐離璽奪織螢鵐スなど教育関連4社は15日から、モンゴルの有力高校向けにインターネットを通じた教育サービスを始める。

学校以外に子供に習わせている習い事についてアジア太平洋の国や地域で聞いたところ、中国や韓国に加え、ベトナム、タイで「外国語」が最多となった。

A甍霤張▲デミー、公立高受験の専門塾増設、独自ブランドで勝ち残り。

し郤妝隠伊円――。一見すると高いようだが、自分の子供のためなら出費を惜しまずに買い求めるサービスがある。

ゥ戰優奪札魁璽櫂譟璽轡腑鵑錬横娃隠看4月から、小・中・高校生向けの通信講座「進研ゼミ」でタブレット(多機能携帯端末)を使って学習できるサービスを拡大する。

Α屬罎箸蠕ぢ紂廚箸發い錣譴觴禺圓燭舛蓮⇔更圓任眦詐莪がいるパックツアーを好む傾向がある。多くの自由を与えられて育った世代だが、メニューがある程度決まっていて、誰かに伴走してもらえる方が安心なようだ。

お役立ち情報【2013/10/7】

2013年10月07日

/奮惱梁膽蠅料甍霤張▲デミーは学校の教師を対象に、指導力を養成するためのeラーニングサービスを本格的に始める。

高校美術の教科書が大きく変わった。デザイン関連や漫画、アニメーション、活躍中の作家まで幅広く紹介し、美しく大きなカラー図版を多用するなど、生徒の興味を引き出す工夫が満載。

資格学校大手のTACは年内にもスマートフォン(スマホ)向けの学習サービスを本格的に始める。大学生などを対象に会計や英語、ITなどの分野の学習コンテンツを用意する。入門者が対象。

げ瓩瓦靴笋垢て表颪忘播な季節を迎え、書店などで開かれる「読み聞かせ」の会に親子連れの姿が目立ち始めた。幼少期に読書の習慣を身につけさせ、言葉の豊かさや感受性を育んであげたい――。本好きな子供に育ってくれることを願う親は少なくないが、どうすれば子供に本への興味を持たせられるのか。

ゥ戰優奪札魁璽櫂譟璽轡腑鵑歪命講座「進研ゼミ」でタブレット(多機能携帯端末)を使って学習できるサービスを拡大する。2015年春までに全小中学生向け講座が対象。

政府の教育再生実行会議は3日までに、大学入試センター試験に代わる新共通テスト導入を盛り込んだ提言原案をまとめた。1点刻みの選抜方式を見直し、一定幅の段階別でランク分けする大学入試用テストと、学習到達度を確かめる基礎学力テストの創設が柱。

С慇犬亮糎上は大学の生命線。日本のトップ東大も世界ランキングでは20位以下だ。世界に通用する人材を得たい企業は、海外に目配りを始めている。生き残りをかけ、千葉大は図書館の活用に目を向けた。

お役立ち情報【2013/10/1】

2013年10月01日

々盥酸幻けの映像授業を利用する進学塾が広がっている。少子化で市場が縮む中、インターネットやフランチャイズチェーン(FC)方式を駆使し、予備校や学習塾各社はサービス網を一気に拡大する。

⊆匆饋邑けの英会話ビジネスが活気づいてきた。教育関連各社がターゲットにするのが初心者。これまで英語の学習熱は幾度となく高まってきたが、企業のグローバル化などを背景に今回は「かつてないほどの人気」と各社は口をそろえる。

9盥擦簑膤悗覆匹任蓮▲優奪藩用のマナー向上や情報モラルの徹底に向けた指導が活発になっている。

て本経済新聞社が主要大学の学長(理事長)を対象に実施したアンケート調査で、少子化の進展に合わせて大学の数を見直す必要があるかどうかを尋ねた。

ズ寛豸武雄市教育委員会は11月に、児童がタブレット(多機能携帯端末)を使って自宅で予習できる試みを小学校1校で行う。

自分たちの経験を学びの糧にしてほしい――。不登校を克服した大学生や、不登校経験のある子供の保護者らがつくる民間団体の取り組みが注目を集めている。

偏差値の意味や学校選びなど受験を巡るテーマを解説してきたシリーズ「親子で学ぶ受験の基本」で、新連載「入試問題でわかる 名門中学が求める子ども」を始めた。