つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報【2013/1/29】

2013年01月29日

‥澣┨崕中は塾生の出迎え、そして講習明けからは入試の激励と、早朝から外に立つ機会が続く。今年の冬は寒さが厳しい。腰痛もちにはつらい朝だが、受験生や保護者の気持ちを思えば弱音は吐けない。


学研ホールディングスは、大阪を中心に学習塾や幼児向け英会話教室など60教室を運営するイング(大阪市、青木辰二社長)を子会社化する。学習塾業界は少子化で生徒数が頭打ちとなっている。小中学生向けに補習塾「学研教室」を全国展開する学研HDは、幼児や社会人向けにも教育事業を手掛けるイングの子会社化で、生徒数や対象の年齢層を拡大する。

子育て世代にとって負担が重い教育資金についても税制で配慮した。祖父母が教育の資金を一括して孫に贈る場合、1人あたり1500万円までは贈与税を非課税にする。13年4月から15年12月末までの措置となる。

こ惱塾の業界団体である全国学習塾協会(東京・豊島)は、講師としての働き盛りを過ぎた50歳以上のベテラン社員の活用ガイドラインを作成した。退職までの具体的なキャリア形成のイメージが描けないことが、新卒の就職先としての不人気にもつながっていると分析。ガイドラインを基に、ベテラン社員が能力に応じて活躍できる組織づくりを協会加盟各社に指南していく。

ダ府は26日、公立小中学校の全学年で「35人学級」を2013年度から5年間かけて導入する計画の策定を見送る方針を固めた。13年度以降に改めて導入の是非を判断する。27日に文部科学、財務両省が発表する。

δ敢魂饉劼離掘璽鼻Ε廛薀鵐縫鵐亜陛豕・文京)がまとめたタブレット(多機能携帯端末)の業務活用動向調査で、教育分野での利用の多さが目立った。調査対象の200の事例のうち、教育分野での利用が全導入台数の35・3%を占めた。生徒や学生に配布し、授業や学習の支援の道具に使っている。

Щ間が空いたときにスマートフォン(スマホ)で手軽に学習できるアプリケーション(応用ソフト)が人気を集めている。語学やビジネススキル、子供の知育用など対象分野は幅広い。交流サイト(SNS)機能をつけ、仲間と励まし合ったり競い合ったりして学習が持続するようサポートする効果も好評だ。

お役立ち情報【2013/1/25】

2013年01月25日

 崟萓検学校でやったセンター試験形式の模試で百点取りました!」。笑顔で報告にやってきたA男に数カ月前の暗さはなかった。
 以前、このコラムで紹介した、あのA男である。第3志望だった高校に進学することになり、しばらくは頑張ってみたもののやる気をなくし、学校の授業中は寝てばかりで、全く勉強する気になれない。話を聞いて、やる気が起きるまで塾も休んで部活を頑張れとアドバイスしていた。

学習塾大手の市進ホールディングス(HD)は7月から、デイサービス(通所介護)事業を始める。生徒数の減少などでフロア利用に余裕がある自社教室ビルを有効活用する狙いもあり、建物の低層階を改修して介護施設を順次開設し、認知症予防プログラムなどに特色があるサービスを提供する計画。一部の塾講師は施設スタッフにして雇用を維持する。

3惱塾大手がアジア各国の現地学生向けサービスに相次ぎ乗り出す。栄光ホールディングス(HD)は4月、ベトナムで同国人の小中学生を対象にした学習塾を開く。市進ホールディングス(HD)はインドの教育大手と提携し、高校生の訪日学習ツアーを企画する。国内の受験競争で培った個人を対象とした指導ノウハウを生かし、若年人口が多く、学歴志向が強まるアジアで成長を模索する。

ぢ膤悗離ンライン教育は「MOOC」と呼ばれる。現状は採算よりも普及を重視する拡大期にあるが、将来的には収益化や優秀な学生の誘致効果を狙う。
 スタンフォード大は12年8月、「高いレベルの教育を世界の人々に提供する」(ジョン・ヘネシー学長)目的からオンライン担当の副学長補佐を任命した。

ィ隠稿に全国の707会場で始まった大学入試センター試験。中部地方でも各地で受験生が試験に臨んだ。2日間で約2千人が受験する名古屋大東山キャンパス(名古屋市千種区)では高校や予備校の教師らがカイロやお菓子を配り、会場に向かう受験生にエールを送った。景気低迷や就職難を映し、今年は就職に有利な学部を目指す傾向が一段と強まっている。

ζ本政策金融公庫がまとめた2012年度の「教育費負担の実態調査結果(四国地区)」によると、子どもの1年間の教育費用は219万円、世帯年収に占める割合は45・4%で、全国平均の215万円、38・6%を上回った。割合は世帯年収減を受けて前年度比7・6ポイント上昇し、地区別の統計を取り始めた09年度以降、最も高くなった。

お役立ち情報【2013/1/19】

2013年01月19日

。桶愆の終業式の午後、中学3年生のA子が通知表を見せにきた。高校入試では通知表の成績が私立高校の推薦基準や公立高校の入試点を計算する基礎に使われ、合否を左右する大きな要素になる。

■稿の東京株式市場で学習塾関連銘柄がそろって急騰した。学研ホールディングスや東京個別指導学院などが前日比3割前後の上昇。政府が実施する減税措置で、祖父母が孫に渡す教育資金は贈与税を非課税にする方針が伝わり、塾業界に追い風となるという思惑が広がった。

2搬欧里△衒は子どもに影響する。Nさん(小学5年生)の家では、お父さんは平日仕事に没頭し、休日はバイク仲間と出かけるか自室にこもり趣味に時間を費やす。お母さんは家事育児に専念し、娘のNさんは勉強に専念していた。家族それぞれが互いの様子や苦労を知らず、まさに「分業体制」だった。

な孤科学省は2013年度から、小中高校と大学を「6・3・3・4」に区切った学校制度の改革に向けた調査研究事業を始める。学制改革を掲げた自民党の衆院選公約を受け、2013年度予算の概算要求に2700万円を追加で盛り込んだ。ほかに教育システム改革の調査研究費として約2億7千万円を要求した。

ゥ轡磧璽廚錬隠案、英語学習専用の携帯端末「英語入門Brain(ブレーン)」を25日に発売すると発表した。端末に向かって英単語を話すと、イントネーションなどを波形グラフと点数で評価する。英語の授業を控えた小学生らに売り込んでいく。

Ρ儻譴亮業は原則、英語で教える――。学習指導要領の改訂で今春から高校英語が大きく変わるのを前に、教師が対応に追われている。学力レベルが多様化した高校の現場では「生徒が理解できるのか」「大学入試に対応できない」と不安の声も。文部科学省や教育委員会はモデル授業を公開したり教師の留学を支援したり、指導力の向上に躍起になっている。

お役立ち情報【2013/1/8】

2013年01月08日

(欷郤圓箸離薀鵐漸颪魴遒烹院■臆鶻いている。ある日、4年生の母親からこんな話を聞いた。「実は3年生のときにこちらに通っていたのですが、4年生になって通塾日数が増え、電車を乗り継いで通わせるのは不安だし、私も仕事と下の子の世話で送迎ができないので、近くの塾に転塾したんです。そこもとても面倒見がいい塾だったのですが、本人が『夏期講習だけでいいから』というので、通わせることにしました」

▲織屮譽奪函並慎’酬搬喘舎)を小中学生の家庭教育に生かす動きが活発になっている。いつでもどこでも、手軽に学習に利用できるのがタブレットの強み。動画やアニメを多用した教材なら、児童や生徒の学習意欲をかき立てられる。通信教育にジャストシステムや増進会出版社(静岡県長泉町)、ベネッセホールディングスなどが相次ぎ参入している。

リソー教育の2012年3〜11月期の連結営業利益は、前年同期比16%増の12億円程度となったようだ。主力の個別指導塾「TOMAS」の生徒数が増えた。

い發Δ垢粟人の日。大人はいいなと思うことを聞いたところ、1位は「好きなものを買える」ことだった。「好きなものを好きなだけ買いたい」(小学男子)や「働いたお金で何でも買える」(中学女子)などおこづかいの範囲内でやりくりをする子どもたちの大人買いへの願望は強い。

ヅ鎮羶慎子前文部科学相の「新設3大学不認可騒動」をきっかけに、大学新設を巡る議論が高まっているが、法政大学の清成忠男学事顧問(元総長)は、過剰な参入規制は排除しつつ設置認可をしっかり行う一方で、教育研究の内容や財務状況などを事後チェックし、「選択と集中」を核とした私立大学行政の確立が必要だと指摘する。

Ε戰優奪散軌藐Φ羈発センターが行った調査で、首都圏の公立小学校で中学受験を予定する子供を持つ親の4割が受験をやめさせようと思ったことがあると回答した。調査は3〜6年生の親5256人を対象に2012年9月に実施。「中学受験をする」とした親(17・5%)に受験をやめさせようと思ったことがあるか尋ねたところ、「何度も思った」が10・1%、「時々思った」が29・1%だった。