つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報【2012/12/27】

2012年12月27日

ヽ惶羲劼錬横娃隠廓春から、人気が高まっている公立中高一貫校の受験指導で月額受講料が従来の半額以下の1万9000円のコースを開講する。経済環境が厳しい中で保護者の負担をできるだけ減らしながら生徒数で3割増やすことを目指す。料金を抑えるため、教室指導を減らして週2回にする一方で約2億円を投じて専用テキストを開発し、家庭学習で補う。

学習塾の「早稲田塾」を運営するサマデイ(東京・千代田)は2013年1月、埼玉県と千葉県に進出する。現在は東京都と神奈川県に15校展開している。東京や神奈川での拠点整備がある程度終わったとみて、営業の範囲を広げ収益の拡大を目指す。今後5年間に埼玉、千葉の両県で10校程度を開校する計画だ。

B膾緝椶両尚羂賚挫了と府教育委員会は19日、意見交換会を開き、小中高校教育の基本方針を定める教育振興基本計画をまとめた。府議会で3月に成立した教育基本条例に基づき、知事が計画策定に関与した初のケース。府はパブリックコメント(意見公募)などを経て、来年2月の府議会での承認を目指す。

そ佝納莠〆蚤膽蠅瞭本出版販売(日販)は2013年4月、大学の教科書を電子化して配信するサービスを始める。16年3月期をめどに、通信課程を中心に10大学での採用を目指す。市販の専門書や大学側が用意する教材を電子化。閲覧できる期間を在学中に限定し、紙の書籍より2〜3割安く販売する。

ソ四Ь事と学習塾の「第一ゼミナール」を運営するウィザスは、オンライン通信教育事業で協業する。ウィザスの100%子会社に住商が40%出資。教師と生徒の双方向のやりとりや、データベースで学習履歴を管理することができるサービスを提供する。5年後にサービス利用者を10万人にすることを目指す。

ε豕大が提唱した秋入学への全面移行構想などを議論する大学改革シンポジウム「秋入学と人材育成」(日本経済新聞社主催)が19日、文京学院大(東京・文京)で開かれ、約700人が耳を傾けた。

お役立ち情報【2012/12/21】

2012年12月21日

…禧飛行を余儀なくされてきた学研ホールディングス(HD)の経営がここにきて上昇気流に乗り、高度を上げつつある。2015年9月期の連結売上高900億円、営業利益45億円を目標とする「次期2カ年計画」以降、新たな成長戦略をどう描いていくのか。学研HDの再起の道のりと将来展望について、就任2年を迎えた宮原博昭社長(53)に聞いた。

学習塾で個別指導型の存在感が高まっている。矢野経済研究所によると、個別指導塾の市場規模は過去5年で約1割拡大し、2012年度には4050億円に達する見通し。リーマン・ショックが発生した08年度から翌09年度にかけては横ばいだったが、足元では再び増加基調にある。

J孤科学省は高校生の基礎学力の定着度を測る共通テストの導入を検討する。卒業認定とは切り離し、希望者が受ける形にする。進学率の上昇とともに高校は多様化し、大学全入時代も迎えて生徒に学習意欲を持たせることが難しくなっている。高校段階で必要な最低限の知識の定着を促し、学力低下に歯止めをかけたい考えだ。

こ惱塾の「早稲田塾」を運営するサマデイ(東京・千代田、相川秀希社長)は2013年1月、埼玉県と千葉県に進出する。現在は東京都と神奈川県に15校展開している。東京や神奈川での拠点整備がある程度終わったと見て、営業の範囲を広げ収益の拡大を目指す。今後5年間に埼玉、千葉の両県で10校程度を開校する計画だ。

ス餾欟軌蘚達度評価学会(IEA、本部オランダ)は11日、小学4年と中学2年が対象の国際学力テスト「国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)」の2011年の結果を発表した。日本は全科目で平均点が上昇または横ばいとなり、小4は過去最高になった。国際順位は全科目で5位以内に入った。

Ε戰優奪札曄璽襯妊ングスの中国事業の営業損益は2014年3月期に黒字に転換する見通しだ。13年3月期は教育事業の海外は13億円の営業赤字を計画しており、ほとんどを中国が占めるようだ。中国で幼児向け通信教育の会員数が伸びており、15年3月期には北米など他の地域も含めた海外全体で初の赤字解消を目指す。

お役立ち情報【2012/12/14】

2012年12月14日

ー鹽垠を中心に小学生の塾を展開する日能研(横浜市)の戸塚校。無料テスト会場の一つだ。早朝から小学生が次々と入ってくる。
 日能研代表の高木幹夫さん(58)が明日香に説明した。「2年から5年までの小学生なら、日能研に通っていなくても無料です」

⊃斉狎邯内の教育業界で大きな変化となるのが、来春の公立高校入試の制度変更だ。これまでの前後期の分割方式から、全日制は共通選抜の「一回勝負」に全面移行する。進学校を中心に実施されていた独自の学力検査はなくなる。学校が作文や実技といった特色検査を加えることができるため、受験生はこれまでと違う対策が求められる。


8鎚婿愼海離好廛螢奪ス(さいたま市)は来春から、小学校4年生から中学生までを対象に、テキストによる生徒の自主学習を主体とした新しい塾をフランチャイズチェーン(FC)展開する。1教室の生徒数は20人程度で2人の教師が巡回しながら指導する。教師1人当たりの生徒数を増やして授業料を抑えることで、塾需要の裾野を広げる。


ど抻猟未浪I郵駑大学と組み、大学向けの学習支援システムを開発した。専用サイトでテストやリポートの作成、提出などを一元管理し、課題の提出状況や点数などをデータベース化。学生の特徴を分析し、個別指導や講義内容の改善に活用できるようにする。来年4月から大学や短大に販売する。学力向上が課題の小中学校や高校向けのシステムも開発し、学校教育市場を開拓する。


ゥ好檗璽弔之腓せない「心技体」の充実。練習方法や筋力トレーニングの発達で「技」と「体」の鍛錬を重んじる傾向が強まる一方、「心」の強化は今も軽視されがちだ。スポーツ心理学が専門で、ラグビー日本代表のメンタルコーチも務める荒木香織・兵庫県立大准教授は「心も鍛えれば強くなる」とメンタルトレーニングの重要性を説く。

お役立ち情報【2012/12/7】

2012年12月07日

ヾ慇召粒惱塾が授業のインターネット配信を拡大する。浜学園(兵庫県西宮市)は従来のパソコンに加えタブレット(多機能携帯端末)でも受講できるようにした。操作が簡単なうえ、家の中のどの部屋でも勉強できる利点がある。希学園(大阪市)は難関校対策を含む授業の配信を始めた。少子化が進む見通しの中で、教室のない遠隔地を開拓する。

⊃執錣憤綮嬋埖問題を背景に、公立高校に医学部進学を目指すコースを設ける自治体が相次いでいる。大学や医療機関の協力を得て、病院見学や第一線の医師による講演など一般の高校にはない学習の場を用意。高校段階から医療への理解を深め、進学動機を強めることで地域医療の担い手を育てる。


8鎚婿愼海離好廛螢奪ス(さいたま市、平石明社長)は来春から、小学校4年生から中学生までを対象に、テキストによる生徒の自主学習を主体とした新しい塾をフランチャイズチェーン(FC)展開する。1教室の生徒数は20人程度で2人の教師が巡回しながら指導する。教師1人当たりの生徒数を増やして授業料を抑えることで、塾需要の裾野を広げる。


す盥撮廓生は受験を目前にひかえ、学習への取り組みが一番充実した時期を迎えた。高校1年生、2年生はというと、それぞれ「科目選択」に迫られる時期である。


タ径瓦虜陵僂如岾慘鯢毀筺廚鬚Δ燭Υ覿箸和燭ぁ0貶で、選考の際に下位校をふるいにかける「学歴フィルター」なるものがあるとのウワサも根強い。いったいどちらを信じればいいのか…結論から言うと学歴フィルターは存在する。しかも、この12月から本格スタートする就活シーズンでは上位校優先が強まりそうだ。


Τこ偉嘘悗垢訖佑減っている。米国の国際教育研究所の調査によると、直近の年度の日本から米国への留学生数は、前の年度比6%減で2万人を割った。一方、中国からは23%増の19万人だった。