つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報【2012/10/24】

2012年10月23日

 崔羈慇幻け授業の映像コンテンツをこれほど持っている塾はほかにはない」と胸を張るのは秀英予備校の渡辺武社長。集団授業をしていた全国の42校舎を来春、授業映像を見て学習するiD予備校に転換する。学力別に映像が用意されており「あらゆる学力の子どもに対応できる」という。

▲螢宗雫軌蕕錬横夏、同社の城北本部池袋ビル(東京・豊島)に会員制カフェ「プラスワン」をオープンする。生徒や講師、保護者らの交流拠点とする計画で、有機野菜を使った軽食やコーヒー、ジュースなどを提供する。レシピ開発や調理などを外部委託せず、好みの音楽をリクエストできるDJブースを設けるなどユニークな設計にした。

リクルートはインターネットで大学受験講座を受講できる「オンライン予備校」事業をこのほど始めた。大手予備校で教えた経験のあるベテラン講師の講義動画を、1講座5000円の低価格で配信。経済的な理由で塾通いが難しい受験生などを主要顧客に想定する。来春には志望大学、科目別の講義を大幅に増やす計画だ。

こ惱塾各社が相次ぎ公立学校の運営支援に乗り出した。栄光ホールディングス(HD)は東京都葛飾区から中学校の授業改善に関するプロジェクトを受託。早稲田アカデミーは同足立区の中学の成績上位層が対象の課外教室に現役講師の派遣を始めた。公立学校の教育水準や進学実績に対する地域住民の関心の高まりと自治体の教育改革の動きに対応しながら事業拡大を目指す。

ゾ学校の帰り道、子どもを見守る監視網が広がる一方で、安心して遊べる場は確実に減っている。共働き家庭の子を預かる学童保育も不足がち。預かり時間が柔軟で勉強や遊びも存分にさせたい……。親たちの期待に応える場が静かに広がり始めた。

κ胴颪蚤膤悗粒愴颪高騰を続け、社会問題化している。景気停滞から大学への補助金が減る一方、最新鋭の研究設備や人気の高い教授の確保などで費用がかさむためだ。学費ローンを組んだものの卒業後も長期にわたって返済に苦しむ人も多い。大学は奨学金の拡充などで対応しているが、学費そのものの見直し論は広がらず、騰勢はやまない見通しだ。

В昂遒乏かれた中央教育審議会・高大接続特別部会。これからおよそ1年かけて大学入試の改革策を協議する部会の初顔合わせで、早くも2人の委員が、AO(アドミッションオフィス)入試を巡り火花を散らした。

お役立ち情報【2012/10/12】

2012年10月12日

|羆教育審議会の高大接続特別部会が発足し、大学入試の改善など高校教育と大学教育の円滑な接続について議論を始めた。委員を務める全国高等学校長協会の及川良一会長(東京都立三田高等学校長)は、高校教育の「質の保証」は高校自身が責任を持つべきだとして、高校の学習成果を測るテストの導入を提案する。

高校生の半数以上が大学進学する時代にもかかわらず、高校教育と大学教育には深い溝がある。
 特に事実上の全入時代を迎え、基礎学力や学ぶ意欲に欠けた学生の急増が深刻な問題になってきた。こうした事態を前に大学側は「高校がきちんと教育していない」と不満を漏らし、高校側は「そんな学生を入学させたのは大学」と反発する。

ベネッセコーポレーションがまとめた「幼児期から小学1年生の家庭教育調査」で、幼児期にあいさつや片付けなどの生活習慣が身についているかどうかで「学びに向かう力」が左右される実態が裏付けられた。数千人規模の大がかりなアンケート調査でこうした傾向が明らかになるのは初めて。同社は「親は子どもが生活習慣を身につけるよう働きかけることが大切」と指摘している。

い海該廼瓠嵬六邨覯盟蠱娘次廚盛況である。特別の部屋があるわけではない。スタッフが模擬試験の結果を見ながら受験校選択や今後の勉強方針について相談に応じるのである。

ゥ戰優奪札曄璽襯妊ングス(HD)傘下の個別指導塾、東京個別指導学院は、2017年2月期まで5年間の「新中期経営計画」を策定した。教室の新規開校やマーケティング改革によって、17年2月期の売上高を12年2月期に比べて30%増の163億円、営業利益は同6・6倍の23億円にする目標を掲げた。

秀英予備校はパソコンで授業映像を見て学習する「iD予備校」を拡充する。現在は通常の集団授業をしている全国42校舎を来春転換し、全体の約3割に当たる計72校舎に広げる。少子化と競争激化で同社の生徒数は伸び悩んでいる。割安な料金などで人気のiD予備校を拡大して生徒数を増やし、収益改善につなげる。

お役立ち情報【2012/10/4】

2012年10月04日

〆2鵑猟敢困任蓮長引く景気低迷や少子化など構造的に縮小基調にある国内でも常識にとらわれない発想で新市場を創造している企業が数多くあることが明らかになった。その巧みな経営からは学ぶべき教訓がある。

雲ひとつない、抜けるような青空。地面に突き刺さるような強烈な日差し。その下に立つ大きな樹の木陰に、ペンキで白く塗られた木のテーブルと4脚の椅子が無造作に置かれている――。アフリカ帰りの女性社員が見せてくれたその写真の説明文には、短く「職員室」と記されていた。

「先生、オレの志望校って不良の学校ですか」自習の様子を見に行った教室で、中学2年生のA男に聞かれた。A男の志望校は自由な校風の高校で、難易度では中の上。個性的な生徒もいるが、そんな学校ではないはずだ。

っ羈愼試本番に向けて、受験生は志望校の「過去問」に取り組みながら実力を伸ばす時期になった。過去問の演習にも、それなりの戦略が必要だ。例えば、何年前の問題から解くかということでは、5〜6年ぐらい前の問題から直近のものへという順番がいいだろう。直近の問題の方が本番と出題形式が近い傾向がある。

イ覆任靴灰献礇僖鵑粒萍を受け、女子サッカーの競技人口が増えている。選手養成コースを設ける専門学校が出てきたほか、大学や高校の創部も相次いでいる。人気の高まりを背景に、サッカー用品販売の関連ビジネスも盛り上がりの兆しをみせる。

λ\大学は2013年9月からグローバル教養学部で秋入学制度を導入する。欧米など主要各国の学事カレンダーに合わせ、学生の留学を促進するなど海外交流を活発にするのが狙い。同学部はすべての授業を英語で行っており、秋入学を取り入れることで教育や研究内容を一層、国際化することを目指す。

Дラオケルームの利用方法が広がっている。子供が実験に歓声を上げる科学教室になったり、ギターの腕を磨く貸しスタジオになったりと内容は様々。カラオケそのものを楽しむ利用者の減少傾向が続くなか、空き部屋の活用のために運営会社が相次いで打ち出している新しい集客策が消費者に浸透しつつある。