つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報【2012/8/31】

2012年08月31日

ヽ惴Ε曄璽襯妊ングスは13日、2012年9月期の年間配当を5円とし、従来予想から1円積み増すと発表した。前期比でも1円の増配。少子高齢化が進むなか、出版、教室・塾の主力事業で合理化を進め、損益を改善。今期通期の純利益は15億円と前期比2・7倍に増える見通しだ。「計画達成のメドがついたため、株主配分を充実させる」(学研)という。


◆崑茖瓜嵋召魯好撻ぅ鵑旅盥擦任后彿欷郤毀銘未料阿法中学3年生のA男に希望校を聞いたら、真顔でこんな返事が返ってきた。サッカー留学するという。
海外にスポーツ留学する高校生が増えているとは聞いていたが、長期休み中の短期留学ツアーの参加者が増えた程度だろうと思っていた。だが調べてみると、野球やサッカー、ゴルフ、アイススケート、テニスなど長期のスポーツ留学をあっせんする会社が内外に数多くあり、ビジネスとして成り立っているらしい。


8日結果が公表された2012年度の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)では、初めて理科が実施科目に加わった。科学的な思考・表現の力に課題が浮かぶ一方、自然体験や学校の取り組みが正答率に影響する傾向も見えた。国語、算数・数学は応用力を問うB問題の正答率が依然低い。いずれの科目も記述式問題に苦戦している。


つ敢困任六童生徒のインターネットや携帯電話の利用状況なども聞いた。前回の2010年度調査と比べると、ネットや携帯の利用が一段と広がる一方、家庭で決めたルールを守って携帯を使っている割合が増えた。


ァ孱舛箸い講座とBという講座は、どのように違うのですか?」同じ内容の問い合わせを、何回となくしてくるおばあちゃんがいる。
 「実は、うちの孫がそちらに通っているのですが、私としては、AよりB講座を取った方がいいと思っているんです。親も孫もレベルの高い大学を志望しているようなのですが、今の力では無理そうなのです。B講座をとって、1ランク下の大学に確実に入れるように準備した方がいいと思うんですけど」

お役立ち情報【2012/8/8】

2012年08月08日


〆Gの夏期講習から、計算練習用の自立学習プログラムを導入した。問題を解き採点し点数を入力する。成績がいいと「検定問題」が出力され、合格すると次のカリキュラムに進み、不合格だと再履修用の教材が出てくるシステムだ。


学習塾大手が年間授業料100万〜200万円という子供向けの「特別教室」に力を入れ始めた。リソー教育は9歳までの子供の保育と小中学校の受験指導を併せて提供。早稲田アカデミーや市進ホールディングスも英検や受験合格を目指す塾を増やす。比較的所得の高い層の子供に狙いを定め、合格実績を高める。


3惱塾大手の市進ホールディングス(HD)が経営改革を進めている。生徒がそれぞれ通う学校の授業の進捗度に応じたテスト対策をする一方、保護者のニーズが大きい個別指導を充実させる。学研HDとの提携関係強化も検討中だ。2013年2月期の通期で黒字転換を見込む下屋俊裕社長に業績回復のシナリオを聞いた。


げ山大学は2日、海外留学を義務付ける「グローバル人材育成コース」を来年4月に開設すると発表した。全11学部の新入生2300人の中から50〜100人を選抜。所属学部の通常の専門課程に加えて、実践的な英語教育を施す。留学や海外インターンシップなどを経て、卒業時に英語能力テスト「TOEIC」800点以上の英語力と専門知識を持つグローバル人材を育てる。


ヅ豕学芸大学の田中敬文准教授は、所得の低迷で、大学入学時に納める初年度納付金の家計負担は限界に来ていると指摘、新たな減税制度の導入や教育費を国民全体で負担する合意形成の重要性を訴える。

Α峅兇呂のう4時間しか寝てないぞ」。真夜中にロンドン五輪をテレビ観戦して、こんなふうに友達と話している子も多いのでは。4年に一度のスポーツの祭典だし、家族みんなで応援するのもいいだろう。ただし、体調の管理には親がきちんと気を配ってほしい。問題にしたいのは五輪観戦ではなく、勉強に励んだ自慢話で同じセリフを言う受験生がいることだ。

お役立ち情報【2012/8/1】

2012年08月01日

 崟萓検△Δ舛了劼箸舛腓辰範辰鬚靴討い燭世たいのですけど」今春、有名進学校に入学したA男の保護者が相談に来た。A男が入学した高校は、大学進学実績もよく、多くの受験生が第1志望に挙げる学校なのだが、A男にとっては第3志望の高校だった。


◆崔磴隆屐廚噺討个譴拭⊂赦造了代のリビング。大家族から核家族へ、集団から個へと志向が移るにつれ、過ごし方や使い方が変わってきた。リビングがさまざまな生活シーンの拠点となる現象は家族同士の距離感が再び近づき始めた証左だ。


埼玉県立で中高一貫教育を実施している伊奈学園(伊奈町)は来年度中学に入学する生徒の選考から抽選による選抜を廃止する方針を決めた。抽選は作文と面接による試験の受験者を絞り込むために実施していたが、受験生や保護者などから本人の能力や意欲を見て選ぶ方法に変えてほしいとの要望が出ていた。


に摸Δ梁膤悗英語教育を拡充している。外国人とコミュニケーションできる能力を磨くのが目的だ。海外で活躍できる即戦力を求める地元企業の期待に応えようと取り組みを急ぐ。


ゥ愁Ε觧堝酩瑤梁舫菊供淵謄船疋鵝法¬襭隠飴。大通り沿いのマクドナルドにいた中学2年の朴泰煥(パク・テファン、14、仮名)君は、疲れていた。「勉強でストレスがたまるよ」。高校受験を機に始まった毎日の塾通い。店内には同世代の顔見知りも多いが、声を掛け合うことはない。夕食は家で済ませたのに、なぜかここに寄ってしまう。


Ε螢ルートが24日発表した高校生の「志願したい大学」ランキングで、明治大が4年連続で関東地区の1位になった。景気低迷を背景に「就職に有利」「通学に便利」といった実利的な特徴に関心が集まっている。