つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報【2012/3/26】

2012年03月26日


 峪篶中学受験バブルの崩壊」―今年の首都圏中学入試の受験者数は、昨年比約3%減。
ピーク時の2007年から比べると15%近い減少。私学にとっても進学塾にとっても、
厳しい状況であることは明らか。

河合塾は、運営する学習塾で小学生向けの学習内容を今春から拡充。1週間あたりの授業時間数を増やすほか、テストを実施する頻度を増やす。
新学習指導要領が全面実施により学習量が大幅に増え、保護者から指導の強化を求める声が高まっていたため、指導内容の充実を急ぎ、新年度の生徒獲得につなげる。

1標は小学校受験向けの幼児教育事業に参入する。東京都内を中心に未就学児対象の教室を手がけるアイ・シー・イー綜合教育研究所に出資し、栄光の既存の学習塾で小学校受験コースを開き、幼児から生徒を囲い込む。

ぅ轡好謄牾発のアルクテラスは、個別指導塾の講師向け支援システムを開発した。少人数制の個別指導塾は大学生アルバイトが多く、指導力の向上が課題になっているため、新システムは各生徒の個性や特徴を分析し、各人に適した教え方を自動で提示する。

ヂ膾絣惘‖膤愀从儚愽凜哀蹇璽丱襦Ε┘灰離漾璽魁璽垢楼蘋する学生像として、「経済知識と高い英語力を持ち、世界で活躍する人材」を掲げる。2度の留学をカリキュラムに取り入れ、卒業までに全員がTOEIC700点以上の取得を目標とする。

ζ伴色勝負、公立巻き込む−2年連続で大阪の私立男子高校トップの競争率(4・49倍)
となった興国高校。
「3年後が見える教育」を目指し、就職をにらんだ指導と、進学コースでは予備校と提携した少人数授業などを取り入れ、国公立大への進学者数も近年伸びている。
今月19日時点で定員(350人)を上回る約620人が入学手続きを終え、草島葉子副校長は手応えを感じている。

お役立ち情報【2012/3/22】

2012年03月22日

)務て暫枠廚粒惱塾大手、進学会は今春、中学生向けに定期テスト対策を重視する
コース、小学生向けに首都圏の難関中学受験向けのコースを新設し、幅広いレベルの生
徒を囲い込む。

学習塾や予備校が保育所や学童保育を開設。利用者は子供を預けながら学習や習
い事の指導を受けられるため、共働きで忙しい保護者を中心に注目され、入会がキャン
セル待ちになる施設も出始めている。

8豎愕惱サイトを運営するセレゴ・ジャパンは15日、インターネット電話サービス
「スカイプ」を使った個人向けの英会話レッスンを始めたと発表。忙しい人もネット経由で自
宅から外国人と英語学習ができる。

ぅ戰優奪札魁璽櫂譟璽轡腑鵑錬隠菊、中学1年生〜高校3年生向けに授業動画の配信を
始めた。講師が生中継で英語や数学などの重点分野を解説する。

ダ鳥崖惘‖膤悗亮匆饐霾鶻愽瑤「iPhone(アイフォーン)」を使った大規模
な教育支援で成果を挙げている。すべての学部生や専任教員、関連職員など約1000
人に配布。教材配布や授業動画の配信などに積極的に使い、有効性を確認できたという。

秋入学について、茨城大学の池田幸雄学長は親の負担が重いとして、全面導入は難し
いと指摘。国際化に向けた学校制度の再検討など、教育の質を高める議論に期待を示す。

お役立ち情報【2012/3/13】

2012年03月13日

‖膾綮圓錬横娃隠嫁度から一部地域で低所得世帯向けに塾や家庭教師の費用を補助するクーポン券「学校外教育バウチャー」を試験導入する。

学習塾各社がアジアで日本語教室を拡大する。市進ホールディングス(HD)は4月、
香港に第1弾を開き、東南アジアでの展開も検討。京進は中国で教室を増やす。
将来の学習塾展開をにらんだ布石とする。

ベネッセコーポレーションの「進研ゼミ 中学講座」のCMは、部活などと両立させな
がら効率よく自宅で学べる点をアピールし、新規会員の獲得につなげたい考え。

こ惱塾大手の進学会は今春、新しい授業コースを導入する。増設により、幅広いレベル
の生徒を囲い込み、学習塾間の激しい競争を乗り切る狙い。

ゼ業の進度が年間指導計画より「遅れている」とする小学校教員が、国語で約4割、
算数で3割弱に上ることが分かった。今年度から施行された新学習指導要領への対応に
現場が戸惑う様子がうかがえる。

子供の成績を重視し、小中学校の宿題を手伝う母親が増えていることが、アンケートで
分かった。40%以上が「子供が大人になって独り立ちできるか不安」と感じている
ことも判明。

お役立ち情報【2012/3/7】

2012年03月07日

.螢宗雫軌蕕六篶高校を対象に教室を借り、在校生に指導する塾運営に乗り出す。少子化で生徒の獲得競争が激化する中、教室を安く借りて価格も抑え需要を開拓する。

東京大学が秋入学への移行に向けて動き出した。国際的な大学評価のランキングが上向かないことへの危機感が要因か。

E豕大学秋入学への全面移行計画提起に続き、一橋大学と早稲田大学はそれぞれ、入学時期は春のままで、留学生の受け入れや派遣をやりやすくする独自制度の検討に乗り出した。

ぁ―入学はそれぞれの大学が自分の個性を十分に考えることで、乗り越えられる。本質は、教育の国際化という問題を世界の流れの中で考え、世界の中で必要とされる日本の役割を考え、最大限のメリットを追求することだからである。−千葉大学の斎藤康学長

ゥ轡磧璽廚漏惺擦箜惱塾などで使う学習用タブレット端末を3月下旬に発売する。誤作動なく手書き入力ができるようタッチパネル機能を調整。電子黒板などと組み合わせての利用を提案する。

Χ恐偲安膾綮堋垢主導する学力向上への取り組みが動き始めた。市立小中学校の学校選択制導入を目指す
2014年度にも全国学力・学習状況調査か、大阪版学力テストの学校別の結果を公表する方針を表明。土曜日授業も検討する考えを明らかに。