つむぎのお役立ち情報

お役立ち情報【2012/2/27】

2012年02月27日

〔生ネットワークジャパンは同社の塾経営のノウハウを生かし、子ども向け
サッカースクールのフランチャイズチェーン(FC)展開に乗り出す。

⊃斉狎邯内の学習塾が中学校で2012年度に全面実施される新学習指導
要領に対応し、教室網の整備や授業の見直しに動いている。補習需要高まり
による生徒の獲得競争激化を見込む。

3惱塾大手の栄光ホールディングス(HD)は学童保育や社会人向けの習
い事教室を併設した学習塾の展開を始めた。少子化が進む中、幼児から大人
までが学べる総合型の教育施設として新規客の取り込みにつなげる狙い。

そ入学は、従来通り4月に入学させるが、9月から国際的サイクルの学期
運営を始めれば、世界と同調し、目的は達成する。入学する4月から秋学期
が始まる9月まで基礎教育を行うのがよい。(一橋大学長山内進氏)

イ海蛙年、親たちは「せめて子どもには困難な社会を生きていける教育を
授けたい」との思いを強め、放課後や長期の講習まですべて学校が面倒をみて、
塾や予備校費用が不要な学校を選ぶ傾向にある。

β膤慇弧鵤鏡蘓佑鯊仂櫃帽圓辰申蕕凌学力テストで、基礎知識や論理的思
考力が乏しい学生が多数いることが分かった。日本数学会は「入試や授業で
記述式の証明問題などを増やすべきだ」と提言。

お役立ち情報【2012/2/22】

2012年02月22日

‘学試験における「易しい問題から解く」鉄則。時間配分のほかに、別の効用が。

∩瓦討亮業を英語で行う。「学ぶだけでなく、英語で考えさせる」方針。

小中一貫教育、三条で反対運動。体格が異なる小中の子どもが共通の施設で活動
することの危険性や、防災など地域の拠点となる小学校がなくなることへの不安感から。

た兄愼獲徇痢∧篏需要にらみ、集団授業を主力としていた学習塾大手が個別指導塾
を拡大する。――市進、栄光。

セ匐,やる気をなくし、勉強をしなくなったとき、親自身の姿勢や考えを見直すことが
解決の糸口に。

お役立ち情報【2012/2/13】

2012年02月13日

。慣遒肪羈惺擦凌軍惱指導要領が全面実施されるのに伴い、学習塾各社が
指導体制を見直し、 栄光 中3、復習期間延ばす。市進 講師マニュアル改定。

通信教育大手のZ会は幼児や小学生向けにデジタル教材を使った英語講座を
4月から始める。紙の教材に加えてデジタル教材を活用した学習環境を整え、新
規会員を獲得する。

I由惘爐禄佝蚤膽蠑学館と小学生向け学習システムの共同研究を始める。
浜学園のeラーニング(インターネット上での遠隔教育)システムと、小学館の学習
参考書などのコンテンツを組み合わせ、自宅学習の将来像を探る。

せ匐,公立中学校に通う家庭の半数近くが、学習塾代や家庭教師代などに
 1人あたり年間20万円以上を支出していることが10日、文部科学省が発表
 した2010年度「子どもの学習費調査」で分かった。

ヅ豕都港区は4月、区立の小学校全19校に教員が電子黒板などで使う 
「デジタル教科書」を導入する。画面上で教科書を拡大し、動画も見られる。
児童の学習意欲を喚起するのが狙い。
 
γ羈惻験、早稲田実業、慶応の普通部と湘南藤沢といった難関校の受験者
数が10%以上減ったようだ。原因は保護者の経済的な負担感が予想以上で、
難関校にまでその影響が及んだ。

Г海了期に一番多い相談事は、「スポーツや習い事との両立」。
塾通いも習い事も、最初は「楽しいから通う」で構わない。でも「つらくなったらや
めればいい」と逃げ道を残すのではなく、「つらいけど目標に向かって頑張る」
という気持ちを育むことが大切だ。

お役立ち情報【2012/2/8】

2012年02月08日

‖膾緝椶12年度から、府内の高校や大学に通う学生を対象に、
海外留学支援に乗り出す。3年間で1000人を新たに海外留学させる
目標。
 
∩換颪慮立中学3年のうち英検3級以上か、同等の力があると教員
が判断した生徒が26%だったことが判明。
 
政府は幼保一体改革を柱とする子育て支援新制度の最終案を決定。
15年度にも幼保一体型の『総合こども園』を創設する。
 
ぅ罅璽ャンは携帯電話やスマートフォンを使った学校向け連絡網サー
ビスの提供を開始。教師が保護者にメールを一斉送信できるほか、
保護者から情報を送れる機能を追加。
 
ヅ田鵡餾歉霾鵐機璽咼垢蓮交流サイトを利用した新しい学習支援
システムを開発。生徒は遠方の講師と質問などをやり取りできるほか、
生徒同士で意見交換できる仕組み。
 
Ε汽泪妊い肋学校低学年向けに英語教室の展開を始める。都内の
既存の塾に併設する形を中心に、教室の拡大を検討する。