新着情報・更新情報

お役立ち情報【2013/3/22】

2013年03月22日

ヾ覿箸僚抄醗研修向けに中国語のeラーニングを手がけるWEIC(東京・新宿、内山雄輝社長)は個人向けの初心者講座を始めた。月額3480円、初期費用5980円と手ごろな料金で顧客を開拓する。中国語学習に関する早稲田大学の研究成果を活用し、聞くことに重点を置いた講習内容が特徴だ。

▲好檗璽張ラブNAS(東京・江東)は保育所の運営を始める。近隣の同社フィットネスクラブを活用した水泳指導や会員の高齢者との交流のほかネーティブ講師による英語教育が特徴で、4月に都内に第1号の施設を開き、5年ほどで約10カ所に増やす考え。小学生向けの学童保育サービスもあわせて提供することで共働き世帯のニーズに応えられるようにする。

ベネッセホールディングスの株価が3800円台で一進一退の展開となっている。2月中旬に急落した後、見直し買いが入り持ち直す場面もあったが、12日終値は2012年末比7%高と、同じ期間の日経平均株価(18%)の上昇率を下回る。

さ都大は12日までに、2013年度から5年間で、外国人教員を約100人増やし、主に1〜2年生が学ぶ一般教養の授業の半分以上を英語で実施する方針を決めた。
 文部科学省によると、一般教養科目の半分を英語で実施するのは、国立の総合大学では「あまり聞いたことがない」としている。