新着情報・更新情報

お役立ち情報【2013/3/29】

2013年03月29日

‐学校での必修化などを受け、学習塾各社が英語教育の新サービスを相次ぎ始める。早稲田アカデミーは小学生で高校中級レベルの英語力習得を目指す教室を展開。拓人(東京・中央)はバイリンガル教育の保育所を開く。採用や昇進で英語力を重視する企業も増え、保護者の関心は高い。孫の教育資金への贈与税の非課税措置も追い風とみられるため、こうした英語教育サービスはさらに広がりそうだ。

韓国の就活事情は厳しさを極める。ソウル大などトップ校でも3人に2人しか就職できない。就職率が2割台の大学もあるほどの狭き門だ。厳しい受験競争を勝ち抜けば高収入や社会的地位が得られる。その幻想を信じる若者はもういない。
 影を落とすのは大学教育と雇用のミスマッチだ。韓国ではサムスン電子など世界で戦う企業がある。多くの学生はこうした企業を目指す。だが大半の業種は寡占状態。中小企業も育っていない。

J孤科学省は22日、小学5年生と中学2年生を対象にした2012年度の「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」(全国体力テスト)の結果を発表した。小5は男女とも福井がトップ、中2は茨城が男女で首位だった。全8種目の結果を合計した体力合計点は小中とも横ばい。中2は小5だった09年度に続いてテストを受けたが、はっきりした改善は見られなかった。

ぁ屬泙気飽絣愽進学バブルですよ!」
 入試も一段落した先日、同業他社の友人と久しぶりに会ったら、開口一番こんなセリフが飛び出した。回復しつつあるとはいえ、リーマン・ショック以降、大学卒業者の就職内定率は厳しい状況が続いている。その分、資格系の代表格である医学部人気がますます高まっている。

ゥ戰優奪散軌蘊霾鵐汽ぅ箸2012年7月にサイトの登録者を対象に行った調査で、海外留学やホームステイの経験のない幼児から大学生・大学院生の子供を持つ保護者2105人のうち、64・3%が「子供が学生生活を終えるまでの間に、勉強のために海外に行く、海外で学ぶ機会が必要だと思う」と回答した。

千葉県我孫子市の中学校で受験生の内申書の記載ミスが相次いだ問題を受け、同市教育委員会が2013年度の高校入試から、内申書の記載内容の一部を事前に保護者に開示して確認を求める方針を固めたことが23日、市教委への取材で分かった。内申書の事前開示は異例。