新着情報・更新情報

お役立ち情報【2013/3/15】

2013年03月15日

―拌耆夙学校を運営する学校法人、駿河台学園(東京・千代田)と進学塾の浜学園(兵庫県西宮市)は、東京都内を中心に難関中学の受験指導塾を共同で展開する。2014年の開校に向け、今年10月に共同出資会社を設立する。小学生向け教育サービスに進出したい駿台と首都圏の開拓を目指す浜学園の狙いが一致した。5年ほどかけ、10〜15教室を開く考え。

◆嵎拔は難しかったけど、先生が『褒め褒め』で授業してくれたから、理科が好きになっちゃった」。
30年近く塾に勤めるオジサンでも、幼い教え子のこんな一言で、すっかりうれしくなり、脳内に「やる気ホルモン」が大量に分泌される。まして、「算数は苦手」「理科は嫌い」「週3日も塾通いなんて無理」などと不安にさいなまれている子供たちに一番必要なのは、「褒める」「認める」ことで「やる気ホルモン」の分泌を刺激することだ。

秀英予備校は配信された授業映像を見ながら学習する「iD予備校」を拡大する。実施校舎を3月中に76へ広げ、来春には100以上に増やす。今夏にはスマートフォン(スマホ)などでも学習できるようにする。塾同士の競争が激しくなるなか、利便性を高めて生徒獲得につなげる考えだ。

ぅ戰優奪札魁璽櫂譟璽轡腑鵑郎2董中高生に短期留学プログラムを提供するビジネスを始める。海外の有力大学への進学を検討する中高生に現地での学習と生活を経験してもらい、同社の海外大進学サービスの利用につなげる狙い。グループの米ベルリッツコーポレーション(ニュージャージー州)と連携し、具体的な進路希望に応じた内容にする。

セ篶中学の入試問題はスゴイ。スゴイというのは、6千字を超える文章を読ませ50分で30問に解答させる、複雑な図形問題を考えさせる、という出題レベルだけのことではない。国語で引用された文章を読めば、出題校の先生が現代社会の何に問題意識を持っているのか、子どもにどう育ってほしいと願っているのかが伝わる。社会でも、東日本大震災や少子高齢化などの課題について、真正面から受験生と一緒に考えたいという気持ちを感じる。

Ε献礇好肇轡好謄爐魯織屮譽奪函並慎’酬搬喘舎)を使って学ぶクラウド型のネット教育サービスを強化する。これまで小学生向けに国語、算数、理科、社会の4教科を学べるメニューを提供してきたが、7月から英語を加える。2011年4月から新学習指導要領で小学校高学年で英語が必修科目になったのに対応した。