新着情報・更新情報

お役立ち情報【2013/2/15】

2013年02月15日

。卸扈蕕瓩房鹽垠でピークとなる中学受験。親子で取り組んできた努力が実らず、志望校に合格できなかった時、子供にどう接すればいいのだろう。親自身の落胆も大きいかもしれないが、挫折を経験した子供は親の反応を見つめている。結果を乗り越え、前向きに中学生活を迎えるために気をつけるべき点は何か。中学受験や子供の発達に詳しい専門家に聞いた。

▲螢ルートマーケティングパートナーズ(東京・千代田)の大学受験生向け学習サイト「受験サプリ」が活用されている。無料登録の会員数は、受験生の3分の1にあたる約20万人。
主要37大学の過去問を無料でダウンロードでき、10時間前後の講義動画が5000円で見られるという価格破壊が原動力だ。

3惱塾向けのオンライン教材配信会社、すららネット(東京・千代田)は海外事業を始める。
このほど上海在住の日本人向けの学習塾と契約。ゲーム感覚で英語、数学、国語の3科目を学べるオリジナル教材を提供する。海外在留邦人の増加で日本人向けオンライン教材の需要が伸びるとみており、今春以降、タイ、マレーシア、米国でも展開する。

づ豕都では、今年も公立中学3年生の「志望校調査」の結果が公表された。
 調査からは、今春の高校入試の全体像がうかがえる上、個々の都立高校の志望倍率も分かるのでとても参考になる。今春の特徴を2点だけあげてみよう。

ヅ豕都武蔵村山市の市立第十小学校の運動場の端に昨年10月、二宮金次郎(尊徳)の石像が設置された。まきを背負って本を読むおなじみの像だ。台座には金次郎の教えの言葉である「積小為大(せきしょういだい)」や「推譲(すいじょう)」などの文字が簡単な解説付きで刻まれた。開校30年を迎えた記念にPTAが寄贈した。