新着情報・更新情報

お役立ち情報【2013/1/8】

2013年01月08日

(欷郤圓箸離薀鵐漸颪魴遒烹院■臆鶻いている。ある日、4年生の母親からこんな話を聞いた。「実は3年生のときにこちらに通っていたのですが、4年生になって通塾日数が増え、電車を乗り継いで通わせるのは不安だし、私も仕事と下の子の世話で送迎ができないので、近くの塾に転塾したんです。そこもとても面倒見がいい塾だったのですが、本人が『夏期講習だけでいいから』というので、通わせることにしました」

▲織屮譽奪函並慎’酬搬喘舎)を小中学生の家庭教育に生かす動きが活発になっている。いつでもどこでも、手軽に学習に利用できるのがタブレットの強み。動画やアニメを多用した教材なら、児童や生徒の学習意欲をかき立てられる。通信教育にジャストシステムや増進会出版社(静岡県長泉町)、ベネッセホールディングスなどが相次ぎ参入している。

リソー教育の2012年3〜11月期の連結営業利益は、前年同期比16%増の12億円程度となったようだ。主力の個別指導塾「TOMAS」の生徒数が増えた。

い發Δ垢粟人の日。大人はいいなと思うことを聞いたところ、1位は「好きなものを買える」ことだった。「好きなものを好きなだけ買いたい」(小学男子)や「働いたお金で何でも買える」(中学女子)などおこづかいの範囲内でやりくりをする子どもたちの大人買いへの願望は強い。

ヅ鎮羶慎子前文部科学相の「新設3大学不認可騒動」をきっかけに、大学新設を巡る議論が高まっているが、法政大学の清成忠男学事顧問(元総長)は、過剰な参入規制は排除しつつ設置認可をしっかり行う一方で、教育研究の内容や財務状況などを事後チェックし、「選択と集中」を核とした私立大学行政の確立が必要だと指摘する。

Ε戰優奪散軌藐Φ羈発センターが行った調査で、首都圏の公立小学校で中学受験を予定する子供を持つ親の4割が受験をやめさせようと思ったことがあると回答した。調査は3〜6年生の親5256人を対象に2012年9月に実施。「中学受験をする」とした親(17・5%)に受験をやめさせようと思ったことがあるか尋ねたところ、「何度も思った」が10・1%、「時々思った」が29・1%だった。