新着情報・更新情報

お役立ち情報【2012/12/7】

2012年12月07日

ヾ慇召粒惱塾が授業のインターネット配信を拡大する。浜学園(兵庫県西宮市)は従来のパソコンに加えタブレット(多機能携帯端末)でも受講できるようにした。操作が簡単なうえ、家の中のどの部屋でも勉強できる利点がある。希学園(大阪市)は難関校対策を含む授業の配信を始めた。少子化が進む見通しの中で、教室のない遠隔地を開拓する。

⊃執錣憤綮嬋埖問題を背景に、公立高校に医学部進学を目指すコースを設ける自治体が相次いでいる。大学や医療機関の協力を得て、病院見学や第一線の医師による講演など一般の高校にはない学習の場を用意。高校段階から医療への理解を深め、進学動機を強めることで地域医療の担い手を育てる。


8鎚婿愼海離好廛螢奪ス(さいたま市、平石明社長)は来春から、小学校4年生から中学生までを対象に、テキストによる生徒の自主学習を主体とした新しい塾をフランチャイズチェーン(FC)展開する。1教室の生徒数は20人程度で2人の教師が巡回しながら指導する。教師1人当たりの生徒数を増やして授業料を抑えることで、塾需要の裾野を広げる。


す盥撮廓生は受験を目前にひかえ、学習への取り組みが一番充実した時期を迎えた。高校1年生、2年生はというと、それぞれ「科目選択」に迫られる時期である。


タ径瓦虜陵僂如岾慘鯢毀筺廚鬚Δ燭Υ覿箸和燭ぁ0貶で、選考の際に下位校をふるいにかける「学歴フィルター」なるものがあるとのウワサも根強い。いったいどちらを信じればいいのか…結論から言うと学歴フィルターは存在する。しかも、この12月から本格スタートする就活シーズンでは上位校優先が強まりそうだ。


Τこ偉嘘悗垢訖佑減っている。米国の国際教育研究所の調査によると、直近の年度の日本から米国への留学生数は、前の年度比6%減で2万人を割った。一方、中国からは23%増の19万人だった。