新着情報・更新情報

お役立ち情報【2012/12/14】

2012年12月14日

ー鹽垠を中心に小学生の塾を展開する日能研(横浜市)の戸塚校。無料テスト会場の一つだ。早朝から小学生が次々と入ってくる。
 日能研代表の高木幹夫さん(58)が明日香に説明した。「2年から5年までの小学生なら、日能研に通っていなくても無料です」

⊃斉狎邯内の教育業界で大きな変化となるのが、来春の公立高校入試の制度変更だ。これまでの前後期の分割方式から、全日制は共通選抜の「一回勝負」に全面移行する。進学校を中心に実施されていた独自の学力検査はなくなる。学校が作文や実技といった特色検査を加えることができるため、受験生はこれまでと違う対策が求められる。


8鎚婿愼海離好廛螢奪ス(さいたま市)は来春から、小学校4年生から中学生までを対象に、テキストによる生徒の自主学習を主体とした新しい塾をフランチャイズチェーン(FC)展開する。1教室の生徒数は20人程度で2人の教師が巡回しながら指導する。教師1人当たりの生徒数を増やして授業料を抑えることで、塾需要の裾野を広げる。


ど抻猟未浪I郵駑大学と組み、大学向けの学習支援システムを開発した。専用サイトでテストやリポートの作成、提出などを一元管理し、課題の提出状況や点数などをデータベース化。学生の特徴を分析し、個別指導や講義内容の改善に活用できるようにする。来年4月から大学や短大に販売する。学力向上が課題の小中学校や高校向けのシステムも開発し、学校教育市場を開拓する。


ゥ好檗璽弔之腓せない「心技体」の充実。練習方法や筋力トレーニングの発達で「技」と「体」の鍛錬を重んじる傾向が強まる一方、「心」の強化は今も軽視されがちだ。スポーツ心理学が専門で、ラグビー日本代表のメンタルコーチも務める荒木香織・兵庫県立大准教授は「心も鍛えれば強くなる」とメンタルトレーニングの重要性を説く。