新着情報・更新情報

お役立ち情報【2012/11/16】

2012年11月16日

\虱娶私立学校教職員組合連合(千葉私教連)は8日、県内の私立高校を対象にした学費滞納調査結果をまとめた。9月末時点で1校当たりの滞納者数は14・4人。滞納率は1・6%で前年より0・34ポイント上昇した。千葉私教連は保護者の勤務先の業績悪化やリストラ、母子家庭の増加などが影響していると指摘。県に対して学費減免制度の拡充を求めた。


▲縫船こ愆曚錬憩、2013年3月期の連結純利益が前期比51%減の29億円になりそうだと発表した。従来予想はほぼ前期並みの58億円だった。4月から始めた新規事業の英会話教室「COCO(ココ)塾」が苦戦し、積極投入する広告宣伝費を吸収しきれない。本業の介護と医療事務の受託は好調だが、新規事業の不振を補えない。


3惱塾大手の栄光ホールディングス(HD)は、個別指導塾「ビザビ」など新業態の新規開校を積極化する。2012年4〜9月は集団指導の「栄光ゼミナール」の開校を3教室にとどめたのに対し、ビザビと郊外型の「リテラ」を計13教室オープン。来年3月末にかけては8教室の開校を予定しているが、このうち3校をリテラとする。複数の業態をそろえ、競争力を高める狙い。


ぜ験に向けた勉強の姿勢は「その学校に入りたいという気持ちがどれだけ強いか」で大きく変わる。だから、本人の中に「その学校に行きたい」という気持ちをどう作るかが、親の腕の見せどころとなる。偏差値表を見せて「こっちのほうが高いわよ」、大学合格実績を比較して「こっちのほうが難関大学に進めそうよ」と促すだけでは、子どもの共感を得られない。


ヂ膾綮垓軌薜儖会は6日、2013年度から3年間の教育振興基本計画を策定する有識者会議で、一部の市立小学校で1年生から英語授業を導入する案を提示した。英語教育に力を入れて小学校卒業時に英検3〜5級、中学卒業時には準1級〜2級レベルへの到達を目標とする。


Ε戰優奪札曄璽襯妊ングス(HD)傘下の米ベルリッツコーポレーション(ニュージャージー州)は、中国の学習塾大手、清大世紀教育集団(北京市)と業務提携する。清大世紀の北京市内の教室にベルリッツの幼児向け英語教育プログラムを提供するほか、ベルリッツが主催する海外短期留学「インターナショナルキャンプ」に清大世紀の生徒を参加させる。