新着情報・更新情報

お役立ち情報【2012/9/21】

2012年09月21日

々盥酸犬凌奮慇茲、地元か比較的近隣の大都市にある大学に集中する傾向が一段と強まっている。高校生は限られたエリア内でしか大学選択をしておらず、もはや東京も“全国区”とは言い難い。地元志向は地域活性化につながるが、グローバル化の時代に大学進学の時点から“内向き志向”が顕著になっているといえそうだ。


夏期講習も最終盤を迎えたある日、高校3年生のA子が暗い顔で相談にきた。「こんな感じで夏休みの勉強計画を立てました。それで、ここまでは終わったんですけど、この数学と化学の問題集が半分くらいしか終わってなくて、これだと入試に間に合わないんじゃないかと心配なんです」


A手たちがプレーを通じて発したメッセージは「決してあきらめない」ということ。パラリンピックを観戦してそう思った。困難を乗り越えて競技を始めた意思の力、厳しい練習を続けて鍛え上げた体力、気力。できないことを嘆くより、自分に何ができるのかを考えることの大切さを思い知らされた。今後は競技のさらなる充実に向けて環境の整備が望まれる。


い劼気咾気法大学入試の大きな改革が動き出す気配である。先月末、平野博文文部科学相は大学入試センター試験を含む入試制度の抜本的な見直しを中央教育審議会に諮問した。「高校と大学の、まったく新しい接続のかたちを探ることになる」と文科省幹部は言う。

テ立ソリューションズはタブレット(多機能携帯端末)と電子黒板を組み合わせた次世代型の教育システムを10月1日に発売すると発表した。公立学校などに売り込む。教師は写真やプリントの画像などを生徒側のタブレットに一斉送信するなど、様々な電子的な情報を使って生徒に分かりやすい授業を展開できるようになる。