新着情報・更新情報

お役立ち情報【2012/8/8】

2012年08月08日


〆Gの夏期講習から、計算練習用の自立学習プログラムを導入した。問題を解き採点し点数を入力する。成績がいいと「検定問題」が出力され、合格すると次のカリキュラムに進み、不合格だと再履修用の教材が出てくるシステムだ。


学習塾大手が年間授業料100万〜200万円という子供向けの「特別教室」に力を入れ始めた。リソー教育は9歳までの子供の保育と小中学校の受験指導を併せて提供。早稲田アカデミーや市進ホールディングスも英検や受験合格を目指す塾を増やす。比較的所得の高い層の子供に狙いを定め、合格実績を高める。


3惱塾大手の市進ホールディングス(HD)が経営改革を進めている。生徒がそれぞれ通う学校の授業の進捗度に応じたテスト対策をする一方、保護者のニーズが大きい個別指導を充実させる。学研HDとの提携関係強化も検討中だ。2013年2月期の通期で黒字転換を見込む下屋俊裕社長に業績回復のシナリオを聞いた。


げ山大学は2日、海外留学を義務付ける「グローバル人材育成コース」を来年4月に開設すると発表した。全11学部の新入生2300人の中から50〜100人を選抜。所属学部の通常の専門課程に加えて、実践的な英語教育を施す。留学や海外インターンシップなどを経て、卒業時に英語能力テスト「TOEIC」800点以上の英語力と専門知識を持つグローバル人材を育てる。


ヅ豕学芸大学の田中敬文准教授は、所得の低迷で、大学入学時に納める初年度納付金の家計負担は限界に来ていると指摘、新たな減税制度の導入や教育費を国民全体で負担する合意形成の重要性を訴える。

Α峅兇呂のう4時間しか寝てないぞ」。真夜中にロンドン五輪をテレビ観戦して、こんなふうに友達と話している子も多いのでは。4年に一度のスポーツの祭典だし、家族みんなで応援するのもいいだろう。ただし、体調の管理には親がきちんと気を配ってほしい。問題にしたいのは五輪観戦ではなく、勉強に励んだ自慢話で同じセリフを言う受験生がいることだ。