新着情報・更新情報

お役立ち情報【2012/5/29】

2012年05月29日

.戰優奪札曄璽襯妊ングスが海外展開を急いでいる。2017年3月期までの5カ年で海外売上高比率を25%と2倍に引き上げる中期経営計画を掲げた。既に台湾、韓国、中国には幼児向け通信講座「こどもちゃれんじ」で進出、ブラジルやインドネシアでも市場調査に着手した。同社の福島保社長は「もっと海外に目を向けるべきだ。日本で難しそうな事業は中国などで可能性があればやればよい」としている。

国家戦略会議の民間議員が大学の統廃合の促進を含む高等教育の抜本改革を提言した。川口清史立命館総長(日本私立大学連盟常務理事)は「中間層の厚みの確保」を明示したことを評価する一方で、統廃合の促進に懸念を示し、公的支出の増加を求めている。

F学する公立小中学校を学区内の指定校以外から選べる「学校選択制」を見直す自治体が増えている。子供の数や校舎の新しさ、風評など、制度の狙いと異なる選択理由が目立ち、「地域のつながりが薄くなる」といった指摘も出てきたためだ。各校が特色を打ち出すなど一定の効果は見えるが、専門家は「今後も見直しの動きは広がるだろう」と話している。

い燭辰廚蟷間があるときより、目標をもって頑張っているとき、仕事や勉強が忙しくて大変なときのささやかな息抜きのほうが、ずっと楽しい。我慢すればするほど、「ご褒美」の価値が高まるということについては生徒たち全員が大きくうなずいてくれた。詰まるところ、受験勉強の意義はすべてそこにある。