新着情報・更新情報

お役立ち情報【2012/5/11】

2012年05月11日

(謄▲奪廛襪離好泪曄孱蕋丕茖錚遑紂淵▲ぅ侫ーン)4S」に搭載された音声アシストソフトの「Siri」や発音改善アプリなどを活用し、正しい発音や英会話のこつを身につける人が増えている。スマホ相手に英会話を練習する時代が幕を開けつつある。

個別指導塾の大手リソー教育が子どもの教育に熱心なキャリア女性のニーズに応える「長時間英才託児」の市場を積極開拓している。小学校、幼稚園の「お受験」で実績があるグループの幼児教室とフルタイムで働く女性のための長時間託児を合わせたもので、富裕層向けサービスとして軌道に乗せつつある。

ベネッセホールディングス(HD)傘下の学習塾、東京個別指導学院は3年ぶりに新規教室の開校を再開する。今年6月に首都圏で3教室を開くのを皮切りに、2014年2月期までの2年間で約10教室を開校する。ベネッセの教材を活用した新しい中学生向けカリキュラムの全面導入に伴い生徒の退会率が改善しており、新規開校で減収基調に歯止めをかける。

ぞ泉・安倍政権時に提唱された教育バウチャー(利用券)が最近、再び注目されている。大阪市は今年度から、低所得者層向けに学習塾や習い事の費用を月1万円のバウチャーで助成する制度を試行的に開始し、来年度からは市の全域に拡大するという。

タ討六劼匹發旅せを思い、いろいろと手を尽くす。けれども、親がしてあげたいことと子どもが望むことは、必ずしも同じではない。考えたいのは、親の好意が一方通行になっていないかということだ。
子どもたちが話してくれる家族の話は、豪華なことよりも、ほのぼのとしたことの方が数段うれしそうな表情をしている。ふつうの生活の中で家族の気持ちが通い合えば、子どもはまっすぐに育つだろう。

Ε戰優奪札曄璽襯妊ングスが2日発表した2012年3月期連結決算は、純利益が前の期比20%減の163億円だった。東日本大震災の影響で通信教育「進研ゼミ」の受講者数が減った。進研ゼミの電子化コストも重荷となった。