新着情報・更新情報

お役立ち情報【2012/4/23】

2012年04月23日

 孱虻仍」から利用できる幼児教育サービスが広がっている。公文教育研究会は0〜2歳児が対象の新しいプログラムを6月に開講。保育サービスのポピンズは音楽や美術を使った情操教育教室を増やす。少子化で教育関連市場が縮むなか、各社は早い段階から子供の個性を伸ばしたいと考える親を引き付けようとしている。


中学入学後の最初の授業で、「他の学校にはない(と思われる)私の学校自慢」を紙片に書いてもらい、「どの『自慢』がどの学校かを当てる」というクイズを試みた。中学入試で不本意な結果に終わった子も、ワクワク感に満ちた気持ちで、中高6年間の長い学校生活の門出を迎えさせたかったからだ。でも、そんな心配も杞憂だったようで、皆胸を張って「母校自慢」をしていた。

埼玉県内の私立中学校11校が22日、初めて合同で体験授業を開く。小学生とその保護者向けの合同説明会で実施する。合同での体験授業は珍しいという。実際に体験してもらうことで、公立中学校と比較した私立中学校の利点を伝え志望者増につなげたい考え。

ぬ声B膤悗漏慇犬スマートフォンなどで学内の情報を確認できる総合システムの運用を始めた。学内のニュースやスポーツのイベント情報を閲覧できる。また、キャンパス内の建物を名前で調べて地図上に示したり、学内行事の動画などを視聴したりできる。

ヂ臺県別府市にある立命館アジア太平洋大学は国内にありながら、多文化・多言語環境で学べる大学だ。学生数約5500人のうち、留学生は約80カ国・地域から約2300人(約40%)が在籍する。学生は日常の交流を通じて異文化や海外情勢を肌で感じることができ、日本人であっても国外に目が向いている学生が多い。

Γ裡圍團哀襦璽廚龍軌藥抉膕饉劼篩甍霤賃膤悗覆稗械按兇隆覿箸簑膤悗連携し、スマホなどの携帯端末を使った学習を推進する団体を6月に設立する。教材やシステムなど関連する製品やサービスの情報を産学間で共有し、効果的に学習を進めるための基準作りも検討する。