新着情報・更新情報

お役立ち情報【2012/4/17】

2012年04月17日

〆廼畊盥擦任蓮厳しい講師の受講者数は減る傾向にあり、生徒たちはフレンドリーで「ゆるい」講師へと流れていってしまう。生徒たちに合格してもらいたいからこその厳しさであり、本気で立ち向かい努力する生徒にはとことん付き合い、できるようになればきちんと評価をする。大学に入ってから、生徒たちが訪ねてくるのは、「ゆるい先生」ではなく、「厳しい先生」の方なのである。

⊆験が終わると子どもの学力への関心は薄れがちだが、入学後も子どもの学習環境に気を配ってほしい。まずは最初の定期試験に向けて、2〜3週間前から準備を始めるように促すことだろう。新しい学校生活をスムーズに始めるために、親の上手なフォローは欠かせない。

C羚餾睫涯匹狼豺駑鳥取病院跡地の国有地3・5ヘクタールのうち1・4ヘクタールと体育館を、進学塾経営の学校法人、鶏鳴学園(同)に売却する。同学園は2014年4月に中高一貫校を新設する計画だ。

っ淒搬膤悗了嚇朕博学長は、秋入学の実現には課題は多いが、まずは大学の教育研究の革新につながるかどうかを考察すべきだと指摘する。現在の入試方法の長所を生かしながら必要なところを改革しつつ、グローバル社会で実力を発揮できる資質を持つ国内外の学生が日本の大学で学べるような工夫が必要であると考えている。

ザ軌藐従譴妊妊献織覿戯爐魍萢僂垢詁阿が広まっている。ただ文章や画像などの著作権対応やIT(情報技術)システムの規格統一など、本格的に普及するにはまだ課題も多い。大学間で連携を強めるなど対策が必要になっている。