新着情報・更新情報

お役立ち情報【2012/1/30】

2012年01月30日

‐中学校で学期の区切りが論議されている。横浜市では、大半が2学期制
に移行した。だが、夏休み、冬休みに入る前に成績が出ないため、夏休み中
の家庭学習指導や、中学3年生の進路指導に問題が生じることがあり、教員
間でも評価が割れているようだ。
 
∩換颪了垓萃村教委1750カ所に「いじめ防止の取り組みを各学校に点検
項目に基づいてチェックさせているか」聞いたところ、294カ所(16.8%)が
「させていない」と回答。改善を求める声が上がっている。
 
C羚皸豐唸擦11年度までに全国で420校が設置されたが、教育業界以外の
企業が設立や運営に関わる一貫校はまだ少ない。キャリア教育への関心が
高まっていることから、協力が求められる。
 
こ惱院大学は、高校生を対象にしたウェブマガジンの運営を始める。
在校生のインタビューなどを掲載し、学内の情報を高校生に発信する。
 
ッ罍垣犬鯊仂櫃砲靴親団蟆歛蠶敢困留儻譟崕颪こと」の分析結果によると、
接続詞「but」はうまく使えるが、「if」は苦手ということが判明。
文のつながりを考える力が定着していない傾向が浮かんだ。
 
就職氷河期より厳しい状況が続く中、就活生に対する「心のケア」の
取り組みが始まっている。民間の就活塾で心理カウンセラーが同席する
などしている。
 
Д汽泪妊い錬碍遏∋篶大医学部を志望する現役高校生を対象とした
専門塾を新設する。医大の教授や医師を招いた教養講義も毎月開く予定。