社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

未来の年表

2018年06月29日

また、空き家の増加も大きな社会問題になることでしょう。今でも一人暮らしの老人が一軒家に住んでいるケースが多くなっています。すると、何年か何十年か後に、その方が亡くなった後の住居はどうなるでしょうか。その家の相続をする人がいなかったり、相続を拒否されたりしたとき、その家はずっと空き家として放っておかれます。