社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

ある結婚式に参加して感じたこと

2018年04月12日

また、披露宴の途中で、何か歌などの出し物はないのかな、と思っていると、最後の最後に沖縄の三線の歌い手さんが登場して盛り上げ、ついには皆一斉に立ち上がり、それに合わせて式場の周りを踊り回るなどのハプニングもありました。
これらのことを通じ、何事につけても自分たち中心でなく、いかに相手の気持ちを考え、喜んでもらうかという相手目線が大切であると、つくづくと感じました。