社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

教科書が読めない子どもたち

2018年03月12日

その先生は、「今の子どもたちは『先生、教室の温度が低くて寒いので、エアコンの温度を上げてくれませんか?』というきちんとした日本語が言えなくなっているのではないか」と憂慮されています。これに対する皆様の感想はいかがでしょうか。