社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

教科書が読めない子どもたち

2018年03月09日

私は最近、『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』という本を読み、これからの社会の姿や子どもたちの現状を勉強しています。また、いろいろな塾の先生方に、今の子どもたちの様子を聞いています。
ある先生は、「最近の子どもは舌足らずで、教室でも『先生、寒い!』としか言わないんだよ。」と、話されていました。その言葉に対してその先生は、敢えて「寒い?だからどうしたん?」と答えるそうです。