社長ブログ、笑いと涙の奮闘記

「さ」入れ言葉

2017年12月26日

しかし私は、この「さ」入れ言葉の乱用は避けるべきだと思います。話の中で、何度も何度も「〜させていただきます。」が入ると、聴いている側としては、そのフレーズがとても耳障りに感じられてきます。